工藤静香&Koki,が母娘ツーショット披露で「身長サバ読み」がバレる?

元『SMAP』の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女で、鳴り物入りのモデルデビューをしたKoki,が、7月4日にインスタグラムを更新し、母と娘で一緒に写った写真を披露した。

インターネット上では《親子というより姉妹みたい》、《本当にお父さん似ている》など、早くも反響が広まっているが、一部からは《やっぱり遺伝は争えないな》となにやら意味深な意見もみられる。

「ツーショットの写真を見ると、koki,の身長が工藤静香とほとんど同じなんです。Koki,の公式プロフィールの身長は170センチ。将来、本格的なショーモデルを目指していると言われていますが、175センチ以上は必要とされるパリコレモデルには到底及んでいません。そのうえ今回、身長163センチの工藤とkoki,が並んでもほぼ同じということで、ネット上を中心に“身長さば読み”説が流れているのです」(芸能記者)

実際の画像をよく見ると、工藤もヒールの高いサンダルを履いているので、163センチメートル以上はあると思われる、だが、koki,の履いてるブーツもかなり厚底に見える。

「仮に工藤のヒールの高さが7センチだとすれば、koki,のプロフィールの170センチと同じになりますが、koki,自身も3~4センチはあるかという厚底のブーツを履いているので、本来であればその分は工藤より高くならなければおかしいのです。写真ではほぼ同身長なので、Koki,は実質、166センチ程度なのでは」(同・記者)

 

父親・木村にも昔から身長さば読み疑惑が

芸能人が年齢や身長のさばを読むことは決して珍しくない。父親の木村にも昔から身長詐称疑惑があった。木村の場合は公称176センチメートルだが、ドラマなどで他の俳優と並ぶと、明らかにそこまでの身長ではないことが分かる。ファンの間では、実際は160センチメートル台だというのが暗黙の了解となっている。また、過去に連続ドラマ『エンジン』(フジテレビ系)で共演した小雪とは、制作発表会見で横に並ぶことを禁止したという話がある。実際、小雪は身長が170センチメートルで、木村と並んで木村のほうが低かったら矛盾が生じてしまうのが理由だという。

父親の木村に比べたらkoki,の身長さば読みはかわいいレベルといえるが、デビュー時に、語学堪能、世界でも活躍したいというイメージ作りをしてしまった結果、最低でも170センチメートルの身長であるということにしたかったのだろう。

最近は国民の平均身長も年々伸びてきてはいるが、低身長の親からいきなり高身長の子供が生まれることは稀だ。Koki,には、身長はともかく、いい意味で“親を超える”活躍を期待したい。

 

【あわせて読みたい】