堀北真希の「女優復帰」報道の裏には「離婚危機」も

堀北真希 

(C)まいじつ

このところ、堀北真希の女優復帰がまことしやかにささやかれるようになった。

堀北といえば、2015年に山本耕史と結婚して以降、事実上の引退状態になっている。だが、10月からフジテレビで始まる“月9”ドラマで女優に復帰するというニュースが先日、報じられた。

「堀北は2016年12月に第1子を出産しています。子育てがひと段落したところで連ドラへの復帰を持ちかけられているということです。4月中旬に堀北夫妻と布袋寅泰・今井美樹夫妻との焼き肉店での食事会が報じられましたが、そのとき布袋から『子育てが落ち着いたら、女優に復帰した方がいいよ』と言われた堀北が『実はドラマの話もいただいているんです』と答えていたそうです」(芸能ライター)

堀北は出産後の昨年2月に所属事務所を退所。そのときのコメントに“引退”の文字はなく、いずれ仕事へ復帰する意志があったという。そこで、子供が2歳になったいま、芸能界復帰の話が浮上してきたようだが、その裏には前所属芸能事務所の事情も絡んでいるといわれる。

 

夫婦間に溝も生じている?

「人気絶頂のときに結婚された事務所と堀北の関係は険悪でした。しかし現在、事務所の稼ぎ頭である桐谷美玲は三浦翔平と結婚秒読み状態になっています。桐谷は結婚後に女優業を辞める意向で、売上に大打撃があるのが容易に予測できます。ここで堀北が復帰し、事務所に再所属するのは無理としても、業務提携などをすれば、収入的には助かるというわけです」(同・ライター)

月9復帰説の後、今度は夫婦間の溝をうかがわせる報道も飛び出した。

「女性誌によると、山本は子育てを堀北に任せきりで、よく飲み歩き、そのエリアにあるパチンコ店でもよく打っているとか。しかもなぜか山本はいつもカバンの中にカップラーメンを入れているそうです」(同・ライター)

そのうち離婚報道も出てきそうな気配だが、そうなると一層、堀北の女優復帰の可能性が高まりそうだ。

 

【あわせて読みたい】