独立しない中居正広「いろいろなうわさ」だけが広まる理由

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所の中居正広が今年、独立するのではないかとうわさされていたが、その可能性は限りなく低くなったようだ。

「中居は9月がジャニーズとの契約更新月なのですが、その3カ月前の6月には、CMや出演番組の都合上、継続するかどうかの意思表示をしなければならなかったのです。しかし中居にはジャニーズを辞めるつもりはないようです」(ジャニーズライター)

一昨年に『SMAP』が独立を画策し、それを主導していたのは中居だった。なぜ中居はジャニーズ事務所から離れる気がなくなったのだろうか。

「中居がみんなを扇動したのは、SMAPが存続できるような大手の芸能事務所がバックに付くことが前提だったのです。当初はそういった話もあったのですが、木村拓哉が翻意したため、話が立ち消えた。予定が狂ったので中居も独立をやめたのです」(同・ライター)

ならば、なぜ再び中居が独立するという話が出たのか。

昨年、中居は独立せず事務所にとどまった際に、《スタッフの生活を考えて残留した》、《稲垣吾郎ら独立した3人の批判の壁になった》、《稲垣らの独立で浮いた下請け会社のフォローに回った》、《ジャニーズ事務所に恩を返してから独立する》といった美談が報じられた。しかし、現実は違うようだ。

「タレントで映画評論家のおすぎが、中居のことをラジオで『自分のことしか考えない人間』『信用できない』と言っています。本当に中居が稲垣たちのことまで考えて独立しなかったのなら、草彅剛にも香取慎吾にも相手にされないことに対してつじつまが合わないでしょう。スタッフの生活を考えたというのは聞こえはいいが、本心は自分が仕事を失いたくないだけ。あえて独立して仕事を失うようなことはしないでしょう」(同・ライター)

 

5月と6月に独立が報じられた背景

しかし、5月から6月にかけて、独立して今度こそ稲垣たちと一緒に仕事をするという報道もあった。

「中居は稲垣たちと一緒にジャニーズから独立するだろうと思われていたのにしなかった。そのために、裏切り者というイメージがついて一気に好感度も下がったのです。そこで中居は、まだ稲垣たちとつながっているということをアピールするために、独立して稲垣たちと仕事をする予定があるという情報を流した。要するに、イメージアップのためのその場しのぎだったのです。今年も独立しないし、来年もしません」(女性誌記者)

中居には現在、ジャニーズ事務所を去るという選択肢を持っていない。ただし、“ある条件”が満たされれば、一気に独立する可能性もあるという。

「ジャニーズ事務所に対抗できる有力な芸能事務所が中居に付いたときに、再び独立に動くでしょう。ジャニーズ事務所には滝沢秀明など、中居のことを敵視している人物もいるので、決して居心地がいいわけではない。どこか事務所を決めて、すばやく逃げるにこしたことはないのです」(前出・ライター)

中居の考え方の中には、稲垣たちとの合流はなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】