ドラマ「この世界の片隅に」ヒロインの松本穂香に疑惑発覚

(C)metamorworks / PIXTA(ピクスタ)

TBSの連続ドラマ『この世界の片隅に』が7月15日にスタートする。太平洋戦争のさなか、広島県呉市に嫁いだすずが懸命に生き抜く姿を描く物語だ。実力の評価されている若手俳優の松坂桃李と、今年に入ってブレイクした女優の松本穂香が共演するとあって、数ある今クールのドラマのなかでも一番の注目度になっている。

 

「松本は2015年に短編映画『MY NAME』で映画デビューし、翌年にはフジテレビの“月9”ドラマ『いつかこの恋を思いだしてきっと泣いてしまう』で主演の有村架純の同僚役を演じて注目を集めました。その後、NHKの朝ドラ『ひよっこ』で丸メガネのおかっぱ姿で再び有村と共演し、話題となったのです」(テレビ雑誌編集者)

ここにきて一気に知名度を上げた松本だが、一方でドラマの露出が増えるにつれ、インターネット上ではある“疑惑”が広がっている。

「目が大きくてかわいらしいと評判の松本ですが、《今はやりの“目頭切開”じゃない?》と、ネット上で整形疑惑が囁かれています。また、目の大きさとともに“鼻”も大きいことから《確かに美人だと思うけど、あれ?って感じ》、《いや、美人枠というより演技派の女優では?》などといった投稿も散見されています」(芸能記者)

 

「もし整形するなら鼻を先にやっているだろう」

実際に美容整形をしているかの真偽は定かではないが、その大きな鼻が特徴的なだけに「もし整形するなら鼻を先にやっているだろう」との意見が今のところ多数を占めるようだ。

「他にも瞳の色が明るく澄んで見えることから“カラコン”疑惑もありますね。どちらにしろ女優としての評価とは全く関係ないものですから、これからさらに売れっ子になるためには、どれだけドラマの中で存在感を出せるかでしょう。今回のドラマは評判がいいので、これからさらに知名度は上がっていくと予想されます」(同・記者)

“鼻が大きい”といえば『AKB48』の柏木由紀が、アンチファンから“ニンニク鼻”と呼ばれていた。だが、最近は「妙に小さく見える」などといった話が広まっており、こちらにも“疑惑”の目が向けられている。今後は松本もブレイクすればするほど“疑惑”が再燃し、“鼻”が話題になるかもしれない。

人気女優には御しきれない運命のようなものではあるが…。