池上彰と加藤綾子を「朝の顔」として日本テレビが狙う戦略

加藤綾子 

(C)まいじつ

月間視聴率で全日、プライム、ゴールデンのすべての時間帯でトップの“三冠王”を連続で達成し続けている日本テレビが、同局の情報・報道番組を大きくてこ入れしようとしている。

「ジャーナリストの池上彰氏と元フジテレビの加藤綾子を、低迷する朝の情報番組『スッキリ』の後釜番組に抜擢すると一部で報じられました。日テレは先ごろ、元NHKの有働由美子を平日夜の報道番組『NEWS ZERO』に迎えると発表したばかりです。視聴率的には他局の追随を許さない日テレですが、それは主にバラエティー番組が中心。ドラマは内容やキャスティングで好不調の波があるものですし、何としてでも改善しなければならないのは、夜のニュースと朝昼のワイドショーなのです」(テレビ雑誌編集者)

夜は有働の引き抜きに成功した。次は朝と昼を…という目論みだ。

「平日の朝8時から10時半まで放送しているスッキリは、以前からマンネリ化などが原因で視聴率低調が続き、昨年は日テレの人気アナである水卜麻美アナをMCに起用しましたがダメでした。水卜アナはこの異動に不満を持ち、さらに有働アナが抜擢されたことにも怒り心頭で、退社はもう時間の問題とされています。加藤浩次については先延ばししているだけで、いつ“卒業”でも問題ありません」(同・編集者)

 

過去にコンビを組んだことも

池上氏と加藤は、昨年6月に日本テレビのスペシャル番組『池上彰が教えたい!実は…のハナシ。』でコンビを組んでいる。このときに池上氏は加藤について「反応が新鮮」、「本番でのアドリブはお見事」、「毎朝生放送をずっとやってきたという安定感がすごい」と絶賛していた。さらに「おじさんを転がすのが上手」とも表現していた。

「もし池上と加藤の情報番組が帯で実現すると、池上にはギャランティーとして100~120万円、加藤には60~80万円が用意されるでしょう。まさに馬の鼻先にニンジンをぶらさげた格好ですが、果たしてどう反応するかは分かりません」(同・編集者)

実現すれば日本テレビの視聴率トップの座はしばらく安泰だろう。

 

【あわせて読みたい】