ベッキーの新恋人に東野幸治が「いい女抱きたいだけ」と暴言で批判

ベッキー 

(C)まいじつ

タレントの東野幸治が7月15日放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演した際、ベッキーの新しい恋人として報道されたプロ野球の読売ジャイアンツの片岡治大2軍守備走塁コーチについて「球界一のイケメンでございます」と話した。芸能リポーター井上公造氏から、かつて複数の有名女子アナウンサーとの交際報道があったことなどをフォローされ、「野球選手は20代半ばまでに結婚する選手が多いのに1回もバツ(離婚歴)が付いてない」という点を指摘されると、東野は思わず「これはほんまの女好き。結婚してないから法律にも違反してないし。ほんっまに。ただただ、いい女を抱きたいという」と、ベッキーが聞いたら泣いてしまいそうな“暴言”を吐いた。

これについては早速、SNSで東野を非難する投稿が広がっている。

《推測でモノを言うなよ》
《片岡がモテるからといってひがむな》
《そもそも東野は片岡に会ったことがあるのか?》
《ベッキーを心配して言っているのならいいけど、そんなふうには見えないな》

「片岡が結婚していないのは別に女遊びが激しかったわけではないです。野球へ打ち込んでいたのと、たまたまのタイミングでしょう。ちょっと問題となる発言ですね」(スポーツライター)

 

今は周囲の声を気にしていないベッキー

ベッキーと片岡は真剣交際が報道され、関係者によると「ほぼ毎日会っているようです。お互いの両親も紹介し合っているようですし、今年の年末あたりに結婚するのではないでしょうか」という状況だそうだ。

ベッキーは川谷絵音と“ゲス不倫”した心の傷を片岡に癒やしてもらっているという。

「片岡に随分と甘えているようです。デートする店の選定から、ドライブへの行き先まで片岡の言うなりです。結婚したら亭主関白な家庭ができあがるかもしれません」(同・関係者)

また、ベッキーは結婚しても仕事を続けると公言している。

「以前はネットニュースで自分がどう書かれているかを気にしたようですが、今は気にならないようです。結婚したら好感度は再び上がると思います」(広告代理店社員)

結婚に一途に向かうベッキーには、周囲の雑音など関係ないようだ。

 

【あわせて読みたい】