ZOZO TOWN・前澤社長「プロ野球界参入」に大歓迎の声が続々

(C)Eugene Onischenko / Shutterstock

ファッションサイト『ZOZO TOWN』などを運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が7月17日にTwitterを更新し、大きな願望としてプロ野球界参入を表明した。


この投稿は大きな反応を呼び、近鉄、中日、横浜DeNAで活躍した中村紀洋氏が賛同のツイートをした。

また、タレントの武井壮も歓迎し、さらに、ホリエモンこと堀江貴文氏が動いていることを明かした。

 

最有力候補は千葉マリーンズか

Twitter上でも大歓迎で前澤氏が作ったハッシュタグ「#ZOZO球団」には多くの意見がツイートされた。

《候補の新天地として有利になりそうなのは松山か金沢あたりかな。 松山はプロの球団が試合するのが当たり前になってるし、楽天の東北密着型みたいに、四国全土を巻き込める。 金沢も同様。富山や福井を巻き込んで野球が出来る。 沖縄は毎回候補に上がるけど移動距離がネック。》
《刺激的になるだろうし、新しい風が入ることで、凄く面白いと思う! メジャーのような、プール付いてる球場だったり、遊園地やテーマパーク感覚で来れる球場とかいいんじゃない。笑 なんなら、新球団出来たら職員として働きたいわ。笑》
《まずは、千葉ロッテマリーンズの下部組織の整備と、千葉県少年野球への協力を通して、千葉の野球レベル底上げに貢献するのはいかがでしょうか。2020年のジャイアンツカップ優勝、未来のスター選手輩出を目指し、ZOZOが子供たちの育成に本気を出すという流れです。》

もし参入するならば、どこかの球団を買収ということになりそうだが、最有力は千葉ロッテマリーンズだろうか。千葉ロッテは伊東勤前監督が日経新聞に連載中のコラムで千葉ロッテの現状をこう告白したのだ。

《16年オフに翌年への続投要請を受けたとき、球団にはいくつかの条件を付けた。新外国人の獲得、主砲デスパイネの引き留め、そして選手に比べて上がらないコーチ陣の年俸アップ……。球団から「全力でやる」との返事をもらい、それならばと首を縦に振ったのだが、結局一つも実現しなかった。》

今季から井口資仁監督を迎えているが、大幅な補強はなく苦しい戦いを強いられている。前澤社長のスタートトゥデイは千葉ロッテの本拠地であるマリンスタジアムのネーミングライツを取得しており、千葉マリンスタジアムは「ZOZOマリンスタジアム」を名乗っていることからも候補に名前が挙がっている。 果たして、前澤社長の「大きな希望」がかなう日は来るだろうか。

 

【画像】

Eugene Onischenko / Shutterstock

【あわせて読みたい】