2018年夏ドラマ初回の視聴率「トップ3とワースト3」それぞれの理由

綾瀬はるか 

(C)まいじつ

民放各局の夏ドラマが続々とスタートしている。まだ1、2話が放送されたばかりだが、早くも視聴率の明暗が鮮明となっており、関係者をヤキモキさせているようだ。

まず、堅調なスタートを切ったのはテレビ朝日『遺留捜査5』。7月12日に放送された初回2時間SPは14.7%の高視聴率で、堂々の1位を獲得。昨年7月期にシーズン4が放送されたが、平均視聴率11.0%と好調だっただけに、今回も安定した視聴率が期待されている。

続いて初回視聴率11.5%の2位を獲得したのは、フジテレビ『グッド・ドクター』。フジの木曜劇場は過去に『Dr.コトー診療所』や『医龍』など医療ドラマをヒットさせているだけに、今回も順調にスタートしたと言えよう。韓国の医療ドラマをリメイクしたという本作は、2013年に韓国で大ヒットしており、アメリカでもシリーズ化されているだけに、フジとしては何としてもヒットさせたいと、関係者の鼻息も荒いという。

第3位は視聴率11.4%(2話まで)のTBS『義母と娘のブルース』。キャリアウーマン役の綾瀬はるかが、竹野内豊演じる子持ち男性と結婚するという子育てハートフルコメディーだ。綾瀬は漫画原作のコメディードラマに定評があり、根強いファンからも支持されている。

 

ジャニーズタレントでは数字は取れない

一方、思ったよりも振るわなかったドラマ・ワースト3は、フジテレビ=カンテレ系『健康で文化的な最低限度の生活』(7.6%)、日テレ系『ゼロ 一獲千金ゲーム』(7.1%)、テレビ東京系『ラストチャンス 再生請負人』(6.9%)。

「まだ1、2話がスタートしたばかりなので今後の動向は分かりませんが、連続ドラマの場合、最初の数話で視聴者の心をつかまないと、後伸びすることはマレです。ただ『健康で文化的な――』は生活保護の実態に切れ込む意欲作で、生活保護受給者が多い関西では12.9%と好発進しています。主演の吉岡里帆はもともと好感度も高いので、関西で高視聴率が続くようであれば関東でも伸びてくる可能性はありますね」(エンタメ誌記者)

一方、『ゼロ』は漫画『カイジ』の福本伸行氏の原作で、『NEWS』の加藤シゲアキが出演するが、今のところ視聴率は低迷している。一部の業界関係者からは「もはやジャニーズタレントで数字は取れない」と辛辣な意見も出ている。

放送を重ねるごとに、どのドラマが盛り上がってくるのか。今後も注目だ。

 

【あわせて読みたい】