【吉見健明のダッグアウト取材メモ】清宮幸太郎のセンターへのコンバートは吉か凶か

早実の和泉監督は「チーム事情であらゆるポジションを生徒たちに体験させる」と清宮だけを特別待遇したコンバートではないという。

練習時から清宮を見続けている元巨人スカウトの中村和久氏は「このコンバートは効果を上げている」と成長を認める。

「一塁の守備では左右の動きに感心できなかったが、センターへ行くことで動きはよくなった。外野を守ることで、さらに腰の切れがよくなりホームランの飛距離、量産に繋がっている。何よりいいのはセンターからバッターを正面から見ることで、相手打者の良し悪しが観察できる。投手の球筋も見え、自身のバッティングのプラスにしていますね。動く意識を持つようになりました」(中村氏)

しかし、厳しい目で清宮を指摘するのは早実OBの宮川勝成氏だ。

「春の甲子園に出場できなかったことが、清宮の成長を止めている。清宮が打っている投手は普通以下の投手ばかり。大舞台で実力ある投手から打って初めて一流の打者になる。俊敏な腰の切れや動きは、外野よりむしろ内野で鍛えたほうがいい。和泉(監督)も甲子園出場を果たさないと意味がない」

清宮のコンバートについて早大野球部OBが、本質を語る。

「清宮は家庭的に恵まれているせいか、ハングリーさが足りない。また、“走るのが嫌い”なようだから、この気持ちを変えないといけない。コンバートの狙いも意識改革にあるようだが、要は本人の気持ち次第です」(早大野球部OB)

清宮本人は「相手のマークはきつくなっていることは感じます。それを上回る努力を重ねたい」と常に前を向いている。

いずれにせよ、夏の甲子園出場が清宮を大物にする近道である。

 

【画像】

※ タッチ / PIXTA