玉木宏「結婚の条件」に上沼恵美子が大激怒したわけ

玉木宏

(C)まいじつ

上沼恵美子が7月15日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、先ごろ入籍を発表した俳優の玉木宏と女優の木南晴夏について、玉木が木南に出したとされる結婚の条件を「私でも断るわ!」と批判した。

番組では『芸能界スパイシーな人たち!』と題して、玉木と木南の結婚について取り上げた。玉木は母と妹と同居するという結婚の条件を提示したとされている。これに対して、番組MCの上沼は「こんな残酷な条件あるかいな、玉木さん。なんぼ、男前で、4億円(の豪邸)かなんかしらんけど、最低の条件ですやんか! よう、来てくれたわ木南さんね。私でも断るわ、玉木さん。経験あるから絶対嫌やわ」と吐き捨てた。

続けて、「しかも、妹さんもついてるって…。はっはっは」、「どんな良い方でもこのポジションになったらダメやねん。嫁と姑になったら変貌するの」と主張した。

 

「的外れた親孝行です」

さらに上沼は、姑との思い出話を持ち出し、スタジオでヒートアップ。玉木と木南の結婚についても、「だいぶ、苦労されますね。全然、アイデアとしては最低のアイデアを玉木さんはされてます。こんなん、親孝行でも妹さん孝行でもなんでもないわ。嫁さんもみんな不幸になる」、「これはきつい。良かれと思ってるのは玉木さんわかるんですけど、的外れた親孝行です。絶対、離れた方がいいんです」と持論を展開した。

最後には「二人で住むべきだし、お母さんと妹さんにどっか~んと月300万づつ送金した方がずっと親孝行ですわ。私はそう思いますけど。それじゃ、さいなら」と言い放ち、スタジオを後にしようとした。

玉木と木南の結婚はインターネット上でも祝福の声が多く、相手の木南は演技派女優として活躍しており、バラエティー番組などでの話しぶりから“チャラい女優”ではないことが画面越しに伝わっていたからだろう。

果たして上沼の放った一言は、この祝福ムードに一石を投じることになるだろうか。

 

【あわせて読みたい】