明石家さんまが「円形脱毛症」?視聴者から心配の声相次ぐ

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

7月19日に放送されたバラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内のコーナー『ゴチになります!』に明石家さんまがゲスト出演。いつもと変わらないトークで番組を盛り上げたが、明石家さんまの見た目の異変に視聴者は着目し、さんまを気遣う声がSNSに殺到した。

この日のゴチになりますは、7月3日に63歳の誕生日を迎えたさんまを迎えて2時間スペシャル版で放送された。さんまはこの日も“絶口調”で、前妻の大竹しのぶとのエピソードや、娘のIMALUとのエピソードを惜しげもなく明かしていた。

 

さんまの左側後頭部が…

ただ、成績発表のとき、6人中5位で飲食代の全額支払いこそ免れたさんまだが、1位(渡辺直美)、2位(岡村隆史)と上位者が発表されていくたびにさんまは左右を振り向きオーバーリアクションを見せた。岡村よりも下位になり、自身へのプレゼント代が自腹になることが決まったさんまは「計算し直してもらえない?」と岡村の座る左側を何回も見つめた。

視聴者はさんまが左を向くたびに、向かって左側の後頭部の髪が薄いと指摘していた。

《さんまさん、十円ハゲ??ストレスかな?》
《さんまさんってよく頭の側頭部掻いてるやん。多分あれがハゲの原因や…》
《ハゲてる…大御所すぎて突っ込めない》
《そこにしか目いかない》
《横顔が映るたび気になって見ちゃう》
《テレビももうちょい隠してあげればいいのに》
《セットもうちょっとできたやろ》
《なんか頭皮がチラッと見えた気がしたんだけど》

このように、ツイッター上では大騒ぎとなった。

よく見るとさんまの向かって左側の髪の毛が跳ねているようにも見えることから《みんなハゲてるってゆってるけど乱れてるだけだから!!》との指摘もあった。

これだけ騒がれるのもスターの宿命だろうか。

 

【あわせて読みたい】