華原朋美の「SNSアカウント削除」に賛同する意見が多い理由

華原朋美

(C)まいじつ

歌手の華原朋美が7月17日に自身のツイッターで突如SNSをやめることを発表した。

華原は《今日限りでインスタとツイッターやめます。皆さんのコメントうれしかったです!今までありがとうございました!やっふぉーい!みんな元気でね!ばいばーい!》と投稿し、さらにインスタグラムでは会員制のブログもやめることを明かした。現在、ツイッターとインスタグラムのアカウントは削除されており、閲覧できない。

 

ファン以外からは辛らつな意見

華原のファンからはSNSの閉鎖を惜しむ投稿が相次いだが、Yahoo!掲示板では、《やめてよかった》という意見が目立つ。

《情緒不安定な方だと思うからSNSは、やらない方がいいと思う》
《不倫批判に耐え切れなくなったか?》
《メンタルが不安定な人はSNSは諸刃。これで良いと思います。不貞行為の真偽はわからないけど、正しい道で幸せになってね。》
《SNSは向いてなかったと思う》

一方で、匿名掲示板ではさらに辛らつな投稿が並んでいる。

《かまってちゃん発動》
《この人は一生メンヘラなの?誰か結婚して幸せにしてくれる人探して引退した方がいいよ》
《かまってちゃん臭しかしない》
《そうした方がいいと思う。でもこの人がやめるとまたメンヘラか? 構ってちゃんか? と思ってしまう。》

華原は7月15日にインスタグラムへ《私は私の幸せを考えたいな…華原朋美の幸せではなく…》と意味深なメッセージを残していた。

さらに華原は先日、写真週刊誌『フライデー』に73歳の東証1部上場企業会長との不倫疑惑を報じられ、SNSのコメントで批判を浴びていた。華原がSNSをやめたのは、こうしたインターネット上での声を気にしたからかもしれない。

 

【あわせて読みたい】