セブンイレブンが「生ビールサーバー」の導入を中止した理由

(C)TATSU / PIXTA(ピクスタ)

コンビニ最大手『セブン―イレブン・ジャパン』が、一部のコンビニ店舗で7月17日からテスト運用する予定だった生ビールサーバーについて、“本部からの指示により提供中止”となった。この件について、インターネット上で憶測が広がっている。

これは《ちょい生》というキャッチコピーのビールサーバーで、Sサイズが税込み100円、Mサイズが税込み190円という商品だ。東京都三鷹市などの数店舗で試験的に導入される予定だった。

このことが報道されるとネット上では《近所のセブンにビールサーバー降臨w》、《セブンで生ビール売り出したら絶対毎日帰りに飲んじゃうなー》などといった投稿が広がり、大きな反響になっていた。それだけに、ショックを受けた人は大勢いるようだ。セブンイレブンによれば「中止、取りやめということで、再開の予定はない」という。

 

各方面から異論が噴出か?

ネット上でビールサーバー導入を歓迎する意見があった一方で、《アルコール依存症を誘発させるのでは?》《車で来てちょっと一杯の後、普通に運転しそう》という販売を懸念する意見も多かった。

そして、中止が決まると、導入に対して否定的だった人たちからの投稿が一気に集まった。

《メンテナンス大変だし、やめた方がいいと思う。》
《コンビニで生が飲めるようになったら便利でうれしいけれど、そもそも生ビールは、プロの飲食店ですらサーバーの維持管理が大変で、日々の徹底した掃除がないとすぐに味が悪くなる。そんなものをコンビニの店頭で販売できるのだろうか? と、ちょっと疑問。》
《そりゃそうだろ、缶ビールは家で飲むことが想定されるけど、サーバーはそこで飲むということでしょ。車のドリンクホルダーに置かれることは安易に想像できる。》
《店舗のスタッフさんの管理が大変なのもあるし、店内(最近はイートインスペースのある店舗もあるし)、店舗前で酒盛りを始めるヴァカが発生するのでやめた方がいいと思う。》

公正取引委員会は、大規模事業者がビールを廉価販売して客寄せに使うことを、かなり厳しく監視している。酒税法の改正を受けて、2017年6月からスーパーマーケット等ではビールが値上げされた。この動きを仕掛けたのは国税庁で、目的は酒類の廉価販売を規制するためだ。

“史上最強の小売店”と恐れられているセブンイレブンだけに、生ビールサーバー導入は各方面から異論が続出したのだろう。

 

【あわせて読みたい】