田中みな実「仕事がない」30過ぎて“ぶりっ子”できず迷走中

田中みな実

(C)まいじつ

一時期、女子アナ界の話題の中心だったフリーアナウンサーの田中みな実だが、もはや“終了目前”の様相だ。同じくフリーの加藤綾子を指して「ライバルはカトパン」と公言していた話など、今や昔となってしまった。

「加藤は4月期ドラマ『ブラックペアン』で女優デビューし、治験コーディネーターを演じてそこそこの評価を得ました。まだ未発表ですが、彼女は年内にもう1作出る予定だといい、今後は司会業と女優を並行していく可能性も出てきています。田中との差は、あまりにも大きく開いてしまいました」(テレビ雑誌編集者)

現在、田中は情報番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)のMCとして出演。ローカル番組なので放送されていない地域は多い。

「かつてTBSの看板アナとして活躍したのですが、いまは見る影もありません。何のためにフリーになったのか分からない状況です。しかも独立後は打ち切り番組を連発で、評価は下がる一方です」(同・編集者)

 

もはや地方でしか活躍できない?

かつて田中は“ぶりっ子キャラ”で人気だった。

「以前は『みんなのみな実』とか『みな実、わかんな~い』と言って好評だったのですが、キャラを演じるのを止めたらしゃべりもつまらなくなってしまいました。自業自得というところもあるでしょう。顔もすっかり老化しておばさん化が顕著です。いまだに元カレの藤森慎吾の話をネタにしているのですから、完全に焼きが回っている。今後は地方局に活躍の場を求めていくしかないでしょう」(芸能ライター)

ライバルは加藤ではなく、地方アナとなりそうだ。

 

【あわせて読みたい】