剛力彩芽「衝撃のすっぴん」富豪・前澤社長に愛される理由

女優の剛力彩芽と実業家の前澤友作氏との交際が、今や芸能界内外で注目の的になっている。もちろん、結婚するのかしないのかが大きな関心事だ。

「剛力、前澤氏とも交際を認めているし、サッカーW杯に前澤氏のプライベートジェット機で行ったことも明らかになっている。完全に公認カップルですから結婚してもおかしくない。でも、本当に結婚までいくのか。みんな半信半疑で、賭けの対象にもなっているほどです」(芸能ライター)

前澤氏は、2017年の『フォーブス』誌によると、総資産約3300億円。日本の長者番付14位にランクされている大金持ちだ。

「当初は、完全に剛力だけが舞い上がっている恋なのかと思いきや、前澤氏も本気なのでしょう。W杯にしても前澤氏は剛力と一緒にいる写真をわざわざ公開。女優やタレントと付き合っているところを自慢する行為って、普通は迷惑が掛かるかもしれないと考えて躊躇するものです。フジテレビ『とくダネ!』の小倉智昭など『なんで大っぴらにしたいんだろ。うれしいんだろね』と皮肉たっぷりで番組で語る始末。剛力のファンもガッカリしたことでしょう」(同・ライター)

剛力は去る7月22日、周囲があまりにうるさく言うことをわずらわしく思ったのか、自身のインスタグラムでこれまでの投稿を削除することを明言。それとともに、なぜかほぼ素顔と思われる“すっぴん”を公開し、話題となった。

私の投稿やコメントで応援してくださっている皆さまに、ご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。 大先輩の皆さまも気にかけてくださっているのを報道で目にしました。ありがとうございます。 皆さまからのコメントもしっかりと読ませていただいてます。 厳しいご意見やアドバイスを真摯に受け止め、自分の考えをまとめました。 改めて、私はお芝居が大好きです。 お芝居を仕事にさせていただけていることは自分の夢でもあったし、実際に数々のお仕事をいただく中で、たくさんの貴重な経験と勉強をさせていただきました。 ただ、このままではいけないという強い危機感も持っています。 演じるという技術的な面の成長だけではなく、人間的な内面の成長をしなければ、本当の意味での自分の目指す役者にはなれない、と日々感じています。 そんな中、いろんな意味で想像の斜め上をいく発想や行動をする彼と時間を過ごさせてもらっています。 ついていくのにも必死で、新しく勉強することもいっぱいです。 皆さまが想像する通り、住む世界が違うなと感じることも正直ありますが、私にできるサポートは全力でしていきたいと思います。 彼と過ごす時間の中で、すでにたくさんの普段経験することのできない体験や、出逢うことのない人との出逢いがあります。 そんな一瞬一瞬を大切に感謝しながら、その経験が自分の成長に繋がっていくように毎日を過ごしていきたいです。 今、私がここにいられるのは、紛れもなく皆様のお陰です。 与えていただいた環境やチャンスを無駄にせず、お仕事でもプライベートでも自分のできることは諦めずに全力で吸収しやり遂げ、足りないところがあれば勉強し、少しでも皆さまの笑顔につながるようなことがしたい、というのが今の私の答えです。 自分の正直な気持ちを伝えることにまだまだ慣れていませんが、これからのインスタでは、飾らないありのままの私を見ていただけたら嬉しいです。 役者としてプライベートを見せることがどうなのか、という考えもありますが、自分の身の周りに起こる出来事は自分のお芝居とも表裏一体で、人間的な成長にとっても大切な要素です。 そんな一瞬一瞬を感謝の気持ちで投稿できたらなと思います。 それから、今までのインスタ投稿はこのあとすべて削除します。 心機一転のつもりです。 今までの投稿にいいねやコメントをくださった皆様ありがとうございました。 引き続き 新・剛力彩芽 をよろしくお願いします。

A post shared by 剛力彩芽 (@ayame_goriki_official) on

「正直、彼女の投稿削除なんてマスコミも興味がない。驚いたのは彼女の素顔の写真ですよ。正直、ここまでスゴイとは思わなかった」(芸能プロ関係者)

 

人とは違う大金持ちの美意識

前澤氏は結婚歴なし。しかし、一般人女性2人と深い仲だったとされ、認知した子どもも複数いるとされる。

「超大金持ちですから、やはり寄ってくる女性も多いのでしょう。剛力の前にはB級グラドルのSやオバサン系モデルのMらと交際が囁かれた。前澤氏は世間一般が高く評価するタイプとは全く違う女性が好きなのかもしれませんね」(同・関係者)

そうなると、やはり注目なのは剛力との結婚だ。

「前澤氏が彼女と結婚するとは考えにくい。それは剛力の素顔をインスタで見た人間ならみんな思うことでしょう。ところが、前澤氏は他の人とは違うのですよ。本人が自身のTwitterで、『撮影by前澤友作。この笑顔が大好き』と投稿するくらい剛力ラブなのです。結婚まっしぐらでしょう」(スポーツ紙記者)

見るところが違わなければ金持ちにはなれないのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】