サッカー日本代表・乾貴士「代表チーム恒例行事」を批判?

(C)diy13 / Shutterstock

7月26日放送のバラエティー番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にサッカー日本代表の乾貴士選手がゲストで出演した。ワールドカップ(W杯)ロシア大会での日本代表の裏話を披露したが「他の日本代表を批判しすぎ」だとして、視聴者から心配する声が上がっている。

番組ではW杯の同僚選手を「優しい」(本田圭佑選手)、「普通」(香川真司選手)などとユーモアを交えながら紹介。W杯の宿舎で同部屋になった岡崎慎司選手とのエピソードを披露しつつ、東口順昭選手と宇佐美貴史選手のペア、長谷部誠選手と川島永嗣選手のペアなど、チーム内で仲のいいグループを紹介していった。

乾選手は岡崎選手が仮に女性だった場合、交際できるか聞かれたところ「汚い(から無理)」と評するなど、ときおり毒舌を発揮してスタジオを沸かせていた。だが、日本代表が活動するときに結成される“散歩隊”の話のときに、視聴者からどよめきが起こった。

散歩隊は、海外遠征の際に現地を散歩しようと結成される任意のグループだ。バヒド・ハリルホジッチ氏が監督だった時代は今回は川島選手、吉田麻也選手、昌子源選手、長谷部選手らが空き時間に散歩していたという。これに関して、乾選手は「やってましたね…散歩隊。何が楽しいのか分かりませんけれども」とぼそりとつぶやき、周囲を笑わせた。

 

「歴史ある日本代表の公式行事だぞ!」

サッカーのコアなファンは、乾選手が番組に登場するとあって、放送前から楽しみにしていたようだが、この散歩帯についての話では乾選手への批判がツイッターに書き込まれていた。

《散歩隊ディスられた…歴史ある日本代表の公式行事だぞ!》
《散歩隊全否定の乾…結構毒舌やのう》
《散歩隊何が楽しい!? とか、乾ダメだぞ》

乾はワールドカップ終了後の7月20日にも『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演し、ハリルホジッチ監督時代に冷遇された過去を明かして物議を醸していた。そのためか、アメトーークへの出演もかなりの話題になっていた。

《乾メディア出すぎやろ》
《将来はすごく聞きやすい解説できる人だと思う》

バラエティー向きの人材であることを証明した乾選手。元女子サッカー選手の丸山桂里奈と同様、引退後に芸能界デビューするかもしれない。

 

【画像】

diy13 / Shutterstock

【あわせて読みたい】