YOSHIKIとToshIが不仲になった「本当の理由」とは?

X JAPAN YOSHIKI 

(C)まいじつ

音楽バンド『X JAPAN』のYOSHIKIが、ニコニコ動画の公式チャンネル『YOSHIKI CHANNEL』で、『YOSHIKI feat. HYDE』としてテレビアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)のオープニングテーマ曲『Red Swan』をリリースすると発表した。YOSHIKIがボーカルにX JAPANのToshIではなく、『L’Arc~en~Ciel 』のHYDEを選んだことで不仲説が噴出している。

HYDEとのユニットが結成されたにあたって、週刊誌やネットメディアではYOSHIKIとToshIの不仲説が取り沙汰されるようになり、それを知っているYOSHIKIもネット番組の中でわざわざ「今回の件で変な事をネットに書くようなところは、自分についている国際弁護団で訴える準備をしているよ(笑)」とジョーク交じりに言及した。

確かにボーカルはHYDEではなく、ToshIの方が自然であることは間違いないだろう。今回はなぜToshIが起用されなかったのか。

 

「けんかはよくあること」

「一度は和解したYOSHIKIとToshIの関係が最近はうまくいっていないことは事実です。ToshIがバラエティー番組に出まくっていることをYOSHIKIが面白く思ってないなどと言われていますが、それはちょっと違います。なぜならYOSHIKIもバラエティー番組に出ているからでし。むしろ自分より目立つようになり、嫉妬していると言ったほうが正しいかもしれません(笑)」(バンド関係者)

これをきっかけに再結成されたX JAPANが再び頓挫してしまうかと言えば、決してそんなことはないという。

「YOSHIKIとToshIはもともと同級生で、けんかはよくあること。放っておけばそのうち収まるでしょう」(レコード会社関係者)

注目の楽曲でToshIを外したことでYOSHIKIの溜飲が下がれば、和解に向かって動き出しそうだ。

 

【あわせて読みたい】