心機一転の西内まりや「バスト強調ヤンキースタイル」に哀れみの声

女優でモデルの西内まりやが、7月26日に自身のインスタグラムを更新し、愛車のランドローバー・ディスカバリースポーツを披露した。

My car🖤 @landrover

A post shared by 西内まりや Mariya Nishiuchi (@mariya_nishiuchi_official) on

「西内は全身黒のファッションに身を包み、胸の谷間を強調。さらに愛車はホイールも含め真っ黒。悪ぶった感を全面に出していることから、インターネット上では《完全にヤンキーにしか見えない》と大不評です。もっとも、以前所属していた芸能事務所では“清純派”で通していただけに、事務所と契約満了になった今、本来の姿を見せているだけなのかもしれません」(芸能記者)

 

本人の焦りが垣間見える投稿

西内のランドローバーはグレードを見ると、車両本体価格と各種費用を合算した金額で700万円はするという高級車。24歳の女性が所持するにはあまりにも高額だが、一時は芸能界復帰も難しいといわれていただけに、まだまだ自分は一線で活躍できるというアピールにも見える。

「正直、本人もかなり焦っているのでしょう。事務所の社長にビンタをお見舞いしたことが報道され、世間からの印象は最悪な状態ですが、逆に“ワイルド路線”を全面に出すことで、うまくイメージチェンジしたいのだと思います。例えば、同じモデルの水原希子も、セクシー画像を多数インスタグラムに投稿してアンチからは何度もたたかれていますが、不思議とスポンサー受けはよく、仕事も順調です。西内も水原をお手本にしたいと思っているでしょう」(同・記者)

とはいえ西内のインスタグラムは、西内自らが山田優や黒木メイサなどの有名人をフォローしていることから「どんだけ、必死にアピールしてるんだよ!」と周囲からは失笑されているともいわれている。

現在はフリーランスで活動中の西内。所属芸能事務所のチェックもないことから、一部からはセクシー路線のオファーも舞い込んでいるという。

もともと、モデルは露出に対して抵抗の少ない人が多い。スレンダーボディーが露わになった姿を見られる日も近いかもしれない。

 

【あわせて読みたい】