浜崎あゆみ・ニューアルバムのジャケ写が「パクリ」と叩かれた理由

歌手の浜崎あゆみが7月22日に大阪城ホールで行われたアリーナツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2018 ~POWER of MUSIC 20th Anniversary~』のファイナル公演にて、新作アルバムリリースを発表した。浜崎の新作アルバムは2016年6月に発売された『M(A)DE IN JAPAN』以来、約2年ぶりとあってファンから楽しみにしている声が聞こえる。

そんな浜崎だが、7月23日にインスタグラムを更新。

TROUBLE girl is Baaaaaack‼️ 8/15 OUT‼️

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on

白黒に加工された浜崎の毛先や唇、顔などが写されており、コメントなどは一切書かれていない複数の写真を、数時間ごとに分けて投稿した。

最後の投稿には《TROUBLE girl is Baaaaaack!! 8/15 OUT!!》というコメントがあり、9枚の画像を組み合わせると1枚の画像になる投稿のようだ。

これにファンはいち早く反応し、ニューアルバムのジャケット写真ではとの憶測が飛んだ。実際にツイッターでは《あゆのインスタ意味深!アルバムのジャケットかな?楽しみ》《まさかの新ジャケ?》《パズルみたいで更新が待ちきれない!》といったツイートや、9枚の画像を組み合わせた写真がアップされている。

 

Perfumeのパクリ?

しかし、匿名掲示板では手厳しい意見が並ぶ。

《まだ歌えるんですか》
《もう一度音楽でガツンときてくれないかね》
《今日も体を張って笑いを取りにきてるわね》
《男に胸鷲掴みのジャケ写が下品すぎてドン引き》

また、このジャケット写真と思われるものが“パクリ”ではないかと指摘するコメントもあった。

《安室ちゃんのと被ってない?モノクロだからかな?》
《また、誰かのパクリちゃうの?》

ちょっと似ていれば、自分の知識の浅さも顧みずになんでも「パクリ」と叩くネットの幼稚さも困ったものだが、浜崎あゆみがオリジナリティを欠いているのも否めないところがある。

例えばインスタグラムを使ったジャケット画像の公開は、2016年にPerfumeが先駆けて行っている。そのときは1日に129枚もの画像を一気に投稿し、それらをパズルのように組み合わせることでアルバムのイメージを伝えるという緻密で硬度なものだった。ネット上では《Perfumeのインスタが最高にクールでカワイイ》などと絶賛の嵐だったが、今回の浜崎にはそういう声は皆無だ。

たった9枚の画像を投稿しただけで、猫も杓子もインスタグラムを使うようになった時代にやっても今更感しかないからだろう。

浜崎は過去にもマドンナやビヨンセ、カイリー・ミノーグといった海外アーティストのPVや衣装を“パクった”と思わせることをしてきた。実際に指摘もされているだろうが、浜崎から答えは一度もない。

誰かのアイデアをヒントにすることは文化の歴史の中では当たり前のことだが、一流のアーチストなら、そこに自分ならではの創意工夫を重ねて新たな価値を加えるのは当たり前のことだ。

浜崎あゆみには、かつて一世を風靡したキラメキとオリジナリティを取り戻してほしいとファンは願っている。

 

【あわせて読みたい】