殺人予告が届いた「LGBTは生産性がない」発言の杉田水脈議員の真意とは

(C)Rawpixel.com / Shutterstock

自民党の杉田水脈衆議院議員による月刊誌『新潮45』誌上での「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」という発言について、いまだ炎上が止まらない。

当該団体である性的マイノリティーを支援する全国団体『LGBT法連合会』は7月23日に声明を発表。「当事者の人権を侵害するだけでなく、現実に存在する『性の多様性』を無視し、与野党や各種団体が進めている施策の実施に反し、国会議員としての資質に疑問を抱かざるを得ない」と、杉田議員を強く非難した。

また、LGBT議連のメンバーである寺田学衆議院議員からも、

《超党派のLGBT議連の1人として、議連の見解を示すべきと幹部に訴えてますがいまだに動かず。いま見解を述べないで、何がLGBT議連だと思います。》

とツイートがあり、杉田議員へ抗議すべきとしている。

また、杉田議員の過去の発言も発掘されてネットメディアで紹介され、自身のブログでも《LGBTの人たちには生産性がない》と記していたことを明かされた。

この問題は自民党にも飛び火。二階俊博幹事長は7月24日の記者会見で「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」と述べるにまで至った。さらに一部ネットメディアが自民党の見解を問い合わせたところ「杉田水脈議員の寄稿文につきましては、議員個人としてのものと理解しております」と回答。問題視しないとした。

 

批判、擁護が飛び交う中、杉田議員の動向は…

だが、この自民党の対応に対して多くの人の怒りが爆発。27日夜、自民党本部前でデモが行われるまでになった。目的は杉田議員の辞職だ。

デモの参加者からは

《友人から聞いたり、ツイッターで見たりして来ました。》
《つらい思いをして生きにくくて悩みを抱えている友達もすごく多いので、参加しようと思いました。》
《性別による差別は本当に不公平で、人権にも反する。私たちがともにいることで誰も傷つけてはいない。》

といった意見が上がった。

一方、ネット上では杉田議員を擁護する意見もある。ツイッターでは「#杉田水脈議員支持」というハッシュタグとともに次のようなツィートが見られた。

《杉田水脈さんの講演会に参加したがLBGTを差別をしてない人。LBGTを利用してるだけの人に対しては批判的な発言してたが、そこは大いに納得。》
《日本語を解さず単語を切り取って集団でたたく卑怯集団。》
《こんな言葉狩りによるポリコレを許していては、何も言えない社会になります。》

まだまだ終息が見えないこの騒動だが、当事者の杉田議員は、 7月23日に以下のツイートをして以来、SNSやブログも含めて一切更新をしていない。

《北海道に旅立つ前に赤坂警察署に来ました。先日、自分はゲイだと名乗る人間から事務所のメールに「お前を殺してやる!絶対に殺してやる!」と殺人予告が届きました。これに対して被害届を出しました。警察と相談の上、一連のLGBTに関連する投稿は全て削除いたしました。》

殺人予告が届くとあっさりSNSの投稿を削除してLGBTについて一切語らなくなった杉田議員は、そもそも世間の注目を自分に集めるための確信犯であり炎上商法だという指摘や、野党の言動もLGBTを反阿部政権に利用しているだけという声もある。

杉田議員にとって殺人予告は広げた風呂敷をたたむのにちょうど良いきっかけだったかもしれない。

LGBTの当事者たちからは、日本はすでにLGBTに寛容な国であるとして男性同士の結婚式が家族・友人に祝福される様子の動画の投稿や、「LGBTを政争に利用しないで欲しい」「放っておいて欲しい」という趣旨の投稿もあった。

杉田議員の今後の行動によって、彼女の真意が明らかになっていくだろう。

 

【画像】

Rawpixel.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】