衝撃シーン!「Hey! Say! JUMP」伊野尾慧がマジでキモい

(C)AH86 / PIXTA(ピクスタ)

ジャニーズ事務所『Hey! Say! JUMP』の人気者、伊野尾慧が、自身のセールスポイントである“変態性”を十二分に発揮して話題になっている。

伊野尾は去る7月23日にスタートした日本テレビの深夜ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』に、同じジャニーズの『A.B.C-Z』戸塚祥太とダブル主演。人間の姿をした宇宙人を演じている。

「第1話で伊野尾が裸で登場。お風呂場で女性の尿を飲むシーンが出てきます。ドラマとはいえ、いかにもうまそうにゴクゴクする姿は、まさに変態そのものです。伊野尾の変態ぶりは今や芸能界でも有名な話ですから、ドラマも地でやったということでしょう。“キモ尾”のキモさ全開です」(テレビ雑誌編集者)

このドラマの原作にも飲尿描写があるが、当初、この場面はイメージを考えてやらない予定だったという。

「スタッフも慎重になる中、伊野尾は自ら進んで演じたそうです。役に積極的といえば聞こえもいいのでしょうが、実は性癖なのではという話もある。一部ドラマサイトでは『嬉々として演技していた』とを現場評も出ているほどです」(同・編集者)

かつて伊野尾は、人気セクシー女優の明日花キララと交際。シンガポール旅行に行った際、同地で人気グラドルのAと合流し“3P”をしようとしたことを一部女性誌に報じられている。

 

「キモ尾」路線を突き進めるか

「伊野尾は、普段は派手な茶髪をマッシュルームカットにして“男ブリッ子”していますが、変態をカムフラージュするためだといいます。明日花の後にはフジテレビの三上真奈アナとTBSの宇垣美里アナとの“二股交際”も週刊誌に暴かれました。しかも陰では明日花とヨリを戻そうと懇願するも全く相手にされず、揚げ句の果てに『本物の変態野郎』と暴露までされている。とんでもない“作りキャラ”といえます」(ジャニーズライター)

伊野尾のことを「キモ尾」と最初に呼んだのは、映画『ピーチガール』で共演した女優の山本美月だという。

「伊野尾と美月は同じ明治大学出身。ただ、それだけで『ボクたち先輩後輩だね』としつこく誘ってきたのだとか。加えてワザとらしいほどナヨナヨしながら『美月ちゃ~ん、今度どっか行かな~い?』といわれ、美月は『キモ尾、キモ~イ!』と拒絶。以後、キモ尾がアダ名として伝わったのです」(同・ライター)

伊野尾はファンの間では「ミルクフェイス」などと呼ばれているそうだが、ヘアスタイルで顔の悪さをゴマかしているフシもある。

「よく見るとパッとしない顔で『ジャニーズの中でも指折りのブス』との声もあります」(同・ライター)

とにもかくにも“キモ尾”路線をとことん突き詰め、これからもガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】