さんまとマツコ「食べ物は残してもいい」と発言し「ルール違反」で大炎上

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

元TOKIO・山口達也の「詳しい病状」が報道された異常事態の裏側

田中圭「おっさんずラブ」しゃべくり007が無神経にイジって大不

結婚後の桐谷美玲に「需要ナシ」で事実上の引退か

8月1日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、明石家さんまとマツコ・デラックスの発言に批判が相次いでいる。

視聴者からのクレームは、大久保佳代子と立川志らくをゲストに招いた討論コーナーの一幕に対して起こった。立川はバイキング形式の飲食店で食べ物を皿に一気に盛り付けるか、一口サイズで盛り付けるかを共演者に質問。「一気に盛り付ける派」「一口サイズ派」でそれぞれ席を分けて討論を繰り広げた。

ともに「一気に盛る」としたさんまとマツコはそれぞれ持論を展開。立川は「全てが自分の好みではない。一口食べておいしくなかったら…(どうするか)」と、バイキング店では少しずつ食べ物を盛り付けるべきと説いた。

 

さんまが力説「お金を払っているんだから食べ物を残してもいい」

さんまは「お金を払っているんだから残してもいいじゃない」「自分の体の調子だから」と食べ物を残すことを正当化。志らくは「残さないように取ればいいのでは」と説いたが、マツコは「残す、残さないではなく、ちまちま何度も(食べ物を)取りに行くのが恥ずかしい」「何度も取りに行く人を見るとはしたないと思う」と、一口サイズで食べ物を取りに行く人を批判した。

印象評論家の重太みゆき氏が「印象的に大切なのは、お皿に一口サイズ(の食べ物)をいっぱい載せること」と「一口サイズ」は周囲に良い印象を与えると説いたが、「人として一番嫌いなタイプ」と重太氏をバッサリ斬るなど言いたい放題だった。

さんま、マツコが力説したのに対し視聴者は不快感をあらわに。ツイッターでは

《「食べきれなければ残せばいい」という考え方はお行儀悪い》
《残すのが当たり前みたいな事をされると店にとっては迷惑》
《バイキングで残すのはルール違反でしょう》
《食べ放題で残すのは、次に取りに来る人や料理を作っている人、ご飯を食べられない人に失礼》
《さんまはこの程度かと思っていたが、マツコはもっと食べ物を大切にする気持ちがある人だと思っていた。ガッカリ》

と、食べ物を残すことを正当化したさんま、マツコを批判していた。

育ちのいい人ほど食事に対するマナーは謙虚で、育ちの悪い成り上がりほど「金を払えば何でも許される」という横柄な態度をとりがちだと、ネットではよく話題になる。

さんまとマツコはどのように育てられ方をしたのだろうか。

 

【あわせて読みたい】