NHK大河「西郷どん」関係者を襲う恐怖の「呪い」

(C)Sergiy Tryapitsyn / PIXTA(ピクスタ)

タレントのタモリと脚本家の中園ミホ氏との不倫密会疑惑が先ごろ、一部週刊誌に報じられた。

記事では、タモリは黒コートに帽子とマスク、いつものサングラスではないメガネをかけ、中園氏の住むマンションを出てから周囲をしきりに気にしていた様子がキャッチされている。

お相手の中園氏は美貌の売れっ子脚本家。代表作には松嶋菜々子主演の『やまとなでしこ』(フジテレビ)、篠原涼子主演の『ハケンの品格』(日本テレビ)、米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日)があり、現在、放送中のNHK大河『西郷どん』も彼女が担当している

今回の不倫疑惑についてタモリの所属事務所社長は「事実じゃないと思いますけど」と否定。ネット上の反応も「ただの茶飲み友達ではないのか」というような冷めた見方が多かったようだ。

2人とも大人過ぎて誰も興味が湧かないのか、タモリの所属事務所の影響力が強大だからか、芸能マスコミの後追いは全くなかったが、実はこの不倫疑惑で囁かれているのが“西郷どんの呪い”だ。

 

関係者を不倫に陥れる西郷隆盛の呪い

「『西郷どん』の出演者で不倫騒動を起こしたのは今回の中園さんだけではありません。西郷が“師”と仰ぐ薩摩藩主・島津斉彬を演じた渡辺謙は昨年3月、ジュエリデザイナーとの不倫が週刊誌に報じられ、その結果、今年5月に南果歩と離婚しました。昨年8月には斉藤由貴が開業医との不倫を報じられ、当初は否定していたものの、続報が続く中、結局は不倫を認めました。彼女は出演予定だった『西郷どん』を降板し、南野陽子が代役を務めました」(芸能ライター)

『西郷どん』に出演している既婚者には瑛太(木村カエラ)、小栗旬(山田優)、北川景子(DAIGO)らがいる。

“呪い”は次に誰を襲うのだろうか…。

 

【画像】

Sergiy Tryapitsyn / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】