ドラマ『ヒモメン』川口春奈と窪田正孝の顔の大きさが…

川口春菜

(C)まいじつ

女優の川口春奈に、ありがたくない評判が出ている。猛暑の夏には耐えられないほど「画面が暑苦しい」というのだ。

女優としてはまずまずの存在の川口だが、どうもマトモに評価されることが少ない。

「芸能界の“デカ顔女優”といわれ『SKE48』の松井珠理奈と双璧だとされます。松井はデカ&老け顔で有名ですが、川口の場合、とことんデカさで評判。両者、微妙に“ウリ”が違います」(芸能ライター)

川口は7月より土曜の深夜ドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日)に出演。同ドラマは実家を追い出された翔ちゃん(窪田正孝)と、成り行きで同棲してしまった看護師・春日ゆり子(川口)の恋愛物語。翔ちゃんは定職に就かず、ゆり子の金で生活する完全な“ヒモ男”という設定だ。

「深夜ドラマだし、内容はコメディータッチで肩肘張らずに見ることができるのですが、どうもワクワク感に欠けます。昨今は深夜ドラマでも、内容によっては視聴率6~7%はいく。でも川口のドラマは引きがなく、厳しいでしょう」(テレビ雑誌編集者)

初回の平均視聴率は4.6%。のっけから苦戦だ。

 

川口、窪田のカップルは絵ヅラ的にミスキャストか…

「完全にミスキャスト。窪田は身長175センチでスラッとした感じ。全体的に華奢な体付きで、小顔が特徴。なんで川口が相手なのか。デカ顔女と小顔男で、逆の話題性でも狙ったとしか思えませんね」(同・編集者)

まだ1話が終了しただけで今後は分からないが、コメディーとはいえ恋愛ドラマに川口を起用したのは、やはり間違いか。

「第1話で2人がベッドに寝てしゃべるシーンがあるのですが、2人が並ぶのを正面で撮ると、どう見ても川口の顔がデカイ。彼女は身長166センチと背が高く肩幅もあるので、余計に顔が大きく感じます。視聴者がうらやむ美男美女のカップルとして成立しません」(同・編集者)

川口は、大谷翔平の試合を米国まで見にいくなど、なぜか仕事外で話題になることが多い。

「前は東京ヤクルトの山田哲人を始球式がキッカケで追っ掛けになりニュースにな理ました。やはり顔が大きい分、体格のいい野球選手と結婚したいのかと評判です。以前、インスタグラムには顔を半分ぐらいに細く修正した激ヤセ写真を載せてビックリされました。今回のドラマにしても、彼女の顔が画面に出ると狭く感じて疲れます。絶対に夏向きではありません」(同・編集者)

早くも惨敗決定か。

 

【あわせて読みたい】