「坂上忍」か?「ジャニーズ」か?揺れる日テレの新番組に冷めた声

坂上忍

(C)まいじつ

日本テレビの情報バラエティー『得する人損する人』が9月で打ち切りになるという。

「この枠の後番組に、ジャニーズ事務所が『NEWS』の小山慶一郎を押し込もうと躍起になっています。もともとこの枠は視聴率が取れず、最近はひと桁ばかりが続いていました。テコ入れをするにはかなりのパワーが必要となってくるはずですが、機をみるに敏なジャニーズ事務所が早くも営業をかけているようですよ」(芸能関係者)

得する人損する人が打ち切りになる背景には、パネラーとして出演していた坂上忍が機嫌を損ね、3月に同番組を降板したからだと一部で報道された。

「坂上が降りたのは、表面上は他局の仕事が忙しくなったということですが、番組の方向性を巡って演出サイドと大きくもめたのが本当の理由です」(同・関係者)

 

坂上は仕事をセーブしたがっているようだが…

新番組は、世界を舞台にしたクイズ形式の情報番組になる可能性が濃厚だとされる。

「日本テレビは、できれば坂上に戻ってほしいと思っている。だからこそ上層部は『24時間テレビ』にスペシャルサポーターとして出てもらう交渉をしたのです。それを坂上は快く受け入れました。後番組に坂上がMCとして出演する可能性は、かろうじてつながっている状態です」(夕刊紙記者)

SNSには「テレビ界は坂上抜きに成り立たないことがはっきりした」「坂上に任せておけば安心という無策ぶりには腹が立つね」「24時間テレビと坂上はマッチしないのでは」「ジャニーズよりは坂上の方がまだマシ」などの書き込みが広がっている。

「坂上忍は本当にこのところ休みがなく、疲れがたまっています。周囲には『来年は仕事をセーブしようか』と漏らしている。後番組を打診されても、最終的には断る可能性の方が大きいと思いますよ」(同)

そうなると、やはりジャニーズか――。どちらになっても世間はシラケる気がしないでもないが…。

 

【あわせて読みたい】