不倫騒動を切り抜けた芸能人の先人たちの「3パターン」

最後は“開き直り系”だ。

「俳優の石田純一はモデルの長谷川理恵と不倫が発覚した際、『不倫は文化』と語り、森本レオは画家志望の女性との同棲交際報道に対し、『異文化交流です』とコメント。樋口可南子は糸井重里氏との不倫が発覚して『好きになった人にたまたま家庭があっただけ』と語った」(同)

開き直り系にはなぜか“名言”が多いのが面白い。