三代目JSB・山下健二郎を「都合良く利用し続けた」芸人に視聴者の怒りが爆発

山下健二郎

(C)まいじつ

8月5日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にゲスト出演した三代目J Soul Brothersの山下健二郎が、あるお笑い芸人から迷惑を被っていると告白し、笑えない話にネット上でファンが激怒する騒ぎとなっている。

この日は「芸能界の一番いい人・そうでもない人を実名発表!」と題し、デヴィ夫人や石原良純などが実体験を元に、良い印象や悪い印象を持つ芸能人を挙げていた。

山下は、お笑い芸人『コロコロチキチキペッパーズ』のナダルが許せないと告白。初めての食事会で会計の時、山下より1歳年上のナダルがおごると宣言したものの、実際には2,000円しか持っていないと説明し、その時は疑問も持たずに山下が全額払った。

しかし、次の食事会の会計では、ナダルは5人の後輩芸人を呼んでおきながら、「今日は山下くんいいかな?次は俺が払うからさ」と言い、山下がまたも全額払うことに。山下は「次は払うから」がすでに5、6回続いていると明かした。

 

笑えないエピソードは果たして「おいしい」のか?

さらにナダルは、「三代目の山下健二郎知ってる?俺に言ってくれたら、いつでも会わしたる」と、ナンパの武器として山下を利用しているという。

スタジオではナダル本人が登場したが、エピソードが嘘だと不満げな様子。デヴィ夫人が「すごいたかり屋さん」と一蹴し、最後にはすべて事実と認めていた。

ツイッターでは、特に山下のファンから苦情が殺到していた。

《行列の見たけどナダル叩かれるよなこれ人としてないよね》
《ナダル今まで面白い〜とか思ってたのに行列見てから嫌いになったわ》
《立場関係を利用した、たかりじゃん。後輩の分まで払わすとか……ありえん》

ナダルは、同番組に出演していた雨上がり決死隊・宮迫博之が司会を務める『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、何度も芸能人に対する失礼ぶりが取りあげられており、一部の視聴者にとってはおなじみのよう。

ただ、中には笑えないエピソードも少なくない。ナダル本人は“芸のこやし”のつもりでやっているのか、本当に厚顔無恥な人間かはわからないが、利用された山下健二郎にとっては迷惑な話だ。

 

【あわせて読みたい】