爆笑問題・太田光が「裏口入学バッシング」に反撃。リークしたのは…

太田光 

(C)まいじつ

8月8日発売の『週刊新潮』が、『爆笑問題』の太田光が日本大学芸術学部に裏口入学していたと報じた。これを受け、太田の妻で芸能事務所『タイタン』の太田光代社長が、「訴えます」と法的措置を取る構えを見せた。

光代社長は同日の8日に自身のツイッターを更新。「訴えます! 民事と刑事両方で。訴えます。残念ながら訴えます。悲しいけど訴えます」と激高。「アーリン(夫、光のこと)父様に侮辱を。死んでいる人に確認のしようが無いのを。とと様はもう七回忌を迎えているのよ。許さない。絶対。許さない」と怒りをブチまけた。

「今回の太田の裏口入学は、爆笑問題をテレビ局から下ろしたい勢力が仕掛けたとウワサされています。具体的には、食い詰めた放送作家たちのリークです。放送作家たちは懇意にしている製作会社があり、そこが番組の仕事を取ってくれないと飯が食えない。製作会社お抱えの放送作家が太田の話をかき集めていたところ、ひょんなところから裏口入学の問題が出てきたとされます」(芸能関係者)

とはいうものの、太田は真っ向から『週刊新潮』の記事を否定している。

 

田中理事長が言ってんの?とボケながら真っ向否定

同誌によると、太田は試験前日くらいのタイミングでホテルに缶詰にされ、現役教員から本番と同じ問題をもとにした面接指導などの対策を施されたというもの。2次試験後に一度は「不合格」判定が下されたが、結局は入学できた。裏口入学の対価は800万円だったと報じられている。

同誌の取材に対して太田は「全くあり得ない。本当にもし(裏口入学を)言っているやつがいるんなら、ちょっと直接会いたいくらい。(日大の)田中理事長が言ってんの?」と否定している。

ネット上では、さまざまな書き込みが集まっている。

《裏口入学だとしたら、すぐにすべての番組を降板すべき》
《訴えるってことはさすがに裏口じゃないんだろう》
《そもそも裏口入学に値するような大学なのか?》
《爆笑問題は中退したのに、日本大学から日藝賞を受けている。これも取り消しかな?》

「東京医科大の裏口入学問題や女子受験生の減点問題が波紋を広げる中で、芸能界にもこうした騒動が飛び火した形です。これから『週刊新潮』と太田サイドが訴訟で争うのでしょうが、もしも『週刊新潮』が負けるようなことがあれば、太田は全面的に『週刊新潮』を一生ネタにしていじり続けるでしょう」(前出の芸能関係者)

裁判へと発展するのか。行方に注目したい。

 

【あわせて読みたい】