田中みな実「叩かれるから」SNSやらない発言にむしろ「やるべき」な理由

田中みな実 

(C)まいじつ

フリーアナの田中みな実は、SNSをやっていないのだという。その理由を「叩かれるから」と発言。これに対して「もったいない」「みな実こそやるべき」との声しきりだ。

「女子アナも人気商売ですから、よくも悪くも自分をアピールするのにSNSを使う人間が圧倒的でしょう。何かと話題を提供する彼女がやっていないというのは意外な感じがしますね」(ネットライター)

みな実は8月6日、バラエティー番組『女が女に怒る夜』(日本テレビ)に出演。SNSをやらない理由について「何やっても叩かれるだろうな、って思うからやってないんですけど」と語り、「幸せアピールしても叩かれるだろうし、嫌われアピールしても、リア充アピールしても、何やってもダメじゃないですか。嫌われる人は何やってもダメなんですよ」と明かした。

みな実といえば“ブリッ子”でブレークし、その言動のユニークさで常に話題を振りまいてきた。

「テレビの出番があったときの彼女だったら、たとえSNSをやっていなくても、番組で面白いことを言えばネタにしてもらえた。でも最近は急速に露出が減ってきて、インパクトが弱くなってきた。SNSで、また憎まれ口をきくのも1つの手だと思いますね」(同・ライター)

 

みんなは彼女をたたきたい

かつてみな実は「ライバルはカトパン」と言い放ち、現在フリーの加藤綾子をダシにして話題を取った。それも今や昔だ。

「加藤も、この8月にインスタグラムを開設。それだけでスポーツ紙などはこぞって報道。内容はオフィシャルなもので全然面白くないのですが、それでも少なくとも宣伝にはなっている。みな実もやって、またカトパンをネタにするのもいいのでは」(同・ライター)

現在、みな実は『昼キュン!』(TOKYO MX)のMCが数少ないレギュラー。かつてを考えれば寂しい限りだ。

「みな実がSNSで何か言えば、それだけで面白い。彼女は『叩かれるのがイヤ』と言いますが、みんなは彼女を叩きたい。むしろ、叩かれ強くなければみな実じゃない。彼女も随分おとなしくなったもので、それだから人気が落ちたのかも。みな実こそSNSをやるべきですよ」(同・ライター)

人気商売は、良くも悪くも話題にならなければ続かない。批判を避けて大人しくなれば、目立つことができずに消えていくだけだ。

いまこそ、幸せアピールやぶりっ子アピールで、嫉妬するネットに叩かせれば、話題になって仕事が増えるかもしれない。

たたかれてこそ「みんなのみな実」だ。

 

【あわせて読みたい】