美人ほどに「苦難の人生」が待ち受ける北朝鮮・若い女性の悲惨

(C)Chepko Danil Vitalevich / Shutterstock

北朝鮮の金正恩党委員長が今年に入って三度も訪中したことで、中国との関係は大幅に改善され、同時に北朝鮮最大のアキレス腱である外貨不足解消の道筋も見えてきた。

これが実は子供に対する労働搾取という副作用を生んでいる。中国企業との取引が増えるに従い、北朝鮮の外貨稼ぎ会社が10代の子供たちを低賃金で酷使しているためだ。

「中国企業からの発注増分野は衣類や造花、カツラやツケマツゲなど美容関連商品の委託加工です。これらの原料供給は、中朝国境の丹東です。造花や美容関連商品の材料は10代の学生たちを労働力としているため、小中学校が密集する地域に運ばれます。暗い部屋で夜通しツケマツゲなどを作り、視力と健康を害するのを見ながらも親はどうすることもできないのが現状です」(北朝鮮ウオッチャー)