石原さとみ『高嶺の花』で峯田和伸が「大胆イメチェン」にネットは騒然

石原さとみ

(C)まいじつ

8月15日にドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)が放送された。石原さとみと恋仲になり、結婚式を開いている途中に石原演じるももが式から逃げ出す衝撃的な展開となった。一方、ツイッターではミュージシャンである峯田の「目撃情報」が見られ、「大胆なイメージチェンジを図るのか」と憶測を呼んでいる。

この日の第6話では、ももと直人(峯田)が婚姻届を提出するが、妹のなな(芳根京子)は直人に「ももが結婚式時に直人のもとから逃げ出すのでは」と忠告した。かつて別の男性から婚約破棄の憂き目に遭っていたももは、結婚式の現場から逃げ出したが、直人はももの姿を見てなぜか笑みを浮かべた。

石原とのラブシーンが多く、ファンから嫉妬の声も浴びている峯田が話題になったのは、8月12日朝まで北海道で行われていたロックフェスティバルと、8月12日深夜に放送された『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK総合)だった。ツイッターの話を総合すると、峯田は他バンドのライブに登場して2曲を歌ったというが、そのとき峯田は坊主頭になっていたという。“眠いいね!”のテレビ電話に北海道から登場した峯田もやはり坊主頭で、歌手の岡村靖幸と語り合っていた。

 

ドラマ開始当初からカツラだった?

まだドラマ収録の途中と思われるタイミングで坊主にしていた峯田に関して、色々と想像する声が相次いだ。

《どのタイミングで峯田さんは坊主になるんだろう》
《峯田さん、ドラマ終わって坊主にしたのかな》
《峯田さん坊主だったから驚いた。石原さとみのドラマでそういう演出があるのかな》
《石原さとみとキスしてみそぎでも入れたのだろうか》

一方、次のような指摘もあった。

《ドラマはカツラで撮ってるのでは》
《写真で見たら浮き浮きのウイッグだよね》
《ドラマ開始当初からカツラだったのかもしれない》

ツイッターを見る限り、ドラマで見せているミドルでパーマをかけた髪型は「カツラでは」との指摘が優位に立っているようだ。

ドラマ撮影からドラマ放映まではある程度時間差はあるもの。「カツラ説」の真相はいかに…?

 

【あわせて読みたい】