東京五輪の猛暑対策「サマータイム」は無意味でむしろ害なだけ

(C)cunaplus / Shutterstock

「サマータイム」とは、夏季だけ時間を繰り上げるという施策だ。2020年の東京五輪・パラリンピックの猛暑対策の一環として、全国一律で6月から8月の間、1~2時間早めた夏時間で過ごすという案が自民党内で検討されている。

サマータイム導入が浮上してきた経緯は、7月に五輪組織委員会の森喜朗会長が安倍首相に導入を要請をしたことから始まる。森会長は競技日程を発表した際、「これまでにないほどの熱気にあふれた大会になると確信しています」と語ったが、今年の猛暑と同様に暑過ぎる中での大会になる懸念が強まり、有効な対策を打ち出すことを迫られた。

特にマラソンと自転車のロードレースが過酷だ。マラソンは朝7時スタートとしたが、それでも暑い。サマータイム導入となれば朝5時スタートで、多少の暑さ対策になるという狙いだ。自転車ロードレースは午前11時スタートが午前9時スタートになる。コースは東京・府中市をスタートし、山中湖を周回。その後、富士山麓まで駆け上がり、富士スピードウェイがゴールとなる難コース。対策は必須といえるだろう。

 

アジアでは無意味。健康被害のほうが心配

しかし、ネット上では、反対の声が目立つ。

《一部の人ががっぽり稼ぐけど一般ボランティアには無償どころか持ち出しで働けと強要。だめそうだから学生動員。東京の2週間のために、時間繰り上げ・公共交通機関増便でなくて2年間のサマータイム導入。システム大混乱。改修費と利益と計算できてる? 暑さに加え体内時計が変調を来すところで本番。国難なのか、じゃなくて間違いなく国難です。》
《オリンピックの開催時間を早めて、東京周辺の公共機関や会社が需要によって営業時間や休業日を変えれば済むことでは? なんで全国統一しなくてはならないの?》
《オリンピックが大事というなら、これまでオリンピック普及のために学校を休みにしたことありますか? 学生のころ、リアルタイムで観戦したいのを我慢した経験がある人も多いはず。》
《選手の方には申し訳ないけど…屋外競技はすべて夜やればいいと思う。森の爺さんの一言で日本中を混乱にしないでもらいたい。迷惑極まりない。アスリートファーストじゃなくて、明らかに主催者ファースト》

さらに気象予報士の森田正光氏は「北米と違ってアジアでは1〜2時間繰り上げても気温が1〜2度しか変わらないので無意味と思っている」と発言しており、いよいよサマータイム導入の意義が怪しくなってきた。

また、サマータイムが適用されて生活リズムが崩れれば、睡眠が乱れ、自律神経の不調や成長ホルモン分泌量低下を引き起こし「精神にも筋肉にも良くない」といった健康面からも反対という声もある。

自民党は秋の臨時国会に議員立法提出を目指すとしているそうだが、五輪だけではなく、さまざまな面から検討をした上で提出しないことも含めて検討をしてほしい。

 

【あわせて読みたい】