木村拓哉「家族の話」で好感度アップを狙うも“裏切り者”のレッテルは重く

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉が8月16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に出演した際、5月にモデルデビューした次女のKōki,(コウキ)について語ったことが話題になっている。

木村との対談でMCの宮根誠司は、Kōki,がデビューするときに「オヤジの背中とお母さんの背中を見せてるだけ」と木村からメールをもらったことを切り出した。すると木村は、「自分ができるのはそれだけですからね」と答え「彼女がやってみたいと言っていることは、だったらその背中を押すしかないし、『こうしろ』『ああしろ』は絶対できないので、自分がこういうこと(芸能活動)を続けられる限り見せるしかないですよね」などと話した。

またデビューの日に木村が自宅でKōki,の様子を観察していたところ、「(家族の中でコウキが)一番何でもなくいたので、『あ、これ大丈夫だな』と思った」などと明かした。さらに「本人の“自立のサポート”しか僕らはできないと思うので」と父親の顔も見せた。

 

父親らしい振る舞いも好感度には繋がらず

このことについてネット上では驚きの声が飛び交った。ジャニーズのタレントは基本的に結婚していても家族の存在をニオわすことはご法度。妻の側がテレビなどで夫の話をするのはもちろんNG、タブーだといわれているからだろう。

《東山紀之と木村佳乃は、お互いのことをテレビで話してるのを見た記憶がある。佳乃さんは確か『あさイチ』だったかな? TOKIOも家族の話をしたことある気がする。でもイヤな感じじゃなくて普通に微笑ましく思った。この夫婦だけなんだよね、イラッとするのは。》
《ジャニーズブランドにしがみついた結果、キムタク自身は安っぽくなっちゃったね。イメージも悪いし嫁の言いなりになって間違った選択をしたね》
《木村佳乃や瀬戸朝香が、家庭の話をしても、何か微笑ましく聞けそうだけど…嫁があれじゃね~ 何してても嫌味さがでる。》
《コメントみてると、結局自分がカッコ良くいたいだけなんじゃ、と思ってしまう。背中みせるって? 指示できないみたいにあるけど、インスタグラムの写真誰がとってるの? も~ちょっと信憑性あるコメント出してほしい。》

などなど、辛らつなコメントが並ぶ。

木村は『嵐』の二宮和也と初共演した8月24日公開の映画『検察側の罪人』の宣伝のために、このところ多くのテレビ番組にゲスト出演しているが、「痛々しい」といった声ばかりが出ている。一方で、今回のように娘の話に言及できたのは、近藤真彦や東山紀之同様に幹部待遇になったからといった報道もあった。しかし、これについても「メンバーを裏切って就いた役職はおいしいか?」などと言われてしまうくらいだ。

木村は自分の下がっている好感度をどうにかすることから始めなければ、せっかくのいい話も台無しになりかねない。奮起を期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】