コスプレ人気の宇垣美里アナに「自意識過剰」と酷い内部バッシングで異動か

コスプレで一気に人気者になったTBS宇垣美里アナだが、「あまりに目立ちたがり」だと局内では嫉妬や反発の声も強い。アナウンス室内でも孤立しているという噂もあり、“部署替え”説も聞こえてきた。一方で、交際がウワサされるジャニーズ『Hey!Say!JUMP』伊野尾慧との結婚も囁かれ、相変わらず話題が尽きない状態だ。

「彼女は、自分ではかなりの美人だと思っているらしく自意識過剰だと言われています。ところが美人ぞろいの女子アナ界ですから、相対的にはそれほどの存在でもない。だから自分が人気番組の出番が欲しくても、なかなか思うように回ってこない。それで不満やストレスが溜まっているようです」(TBS関係者)

宇垣アナには有名な逸話がある。彼女は今年3月まで情報番組『あさチャン!』に出演。プロデューサーに降板を告げられると、怒った彼女はコーヒーカップを壁にたたきつけつるという“コーヒーぶちまけ事件”を起こしたというのだ。

「入社早々、他局の男性アナを自宅マンションに泊まらせたことも写真誌に掲載されたし、伊野尾との交際、結婚説も週刊誌に暴かれた。番組で目立つために“上げ底巨乳”にして出てきたこともあったし、その暴走ぶりにプロデューサーにも疎まれている。そこで降板させると『フザけないでよ!』と暴言まで吐いたとも言われています」(同・関係者)

 

コスプレ人気に頼りすぎるのは危険?

宇垣アナは今月、情報番組『サンデージャポン(サンジャポ)』の企画で同人誌即売会『コミックマーケット94』を潜入取材。アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公・鹿目まどかに“変身”し、コスプレ姿を披露して、ネットで大きな話題になった。翌週にはさらに、セーラームーンのコスプレまで披露して、ネットではすっかり人気者だが、局内では批判の声もある。

「“報道のTBS”を掲げる局にあって、サンジャポは傍流中の傍流。しかも司会の『爆笑問題』太田光は日大芸術学部への800万円裏口入学を『週刊新潮』に書かれたばかり。そんな番組にコスプレでリポーターとして登場。アナウンサーとしては完全に終わった感じ」(内部事情に詳しい芸能ライター)

宇垣アナは、まどか☆マギカも、セーラームーンも、すっかりなりきってコスプレを頑張っていたのだが、冷たい見方もある。

「本人はお得意の“アヒル口”でパフォーマンスしていましたが、番組内での位置も入社2年目の山本里菜アナの控え的なオマケ出番。今後、部署替えか、本人自ら悟ってフリー転身でしょう。少なくとも局アナとしては崖っぷち」(同・ライター)

ずいぶんと酷い言われようだが、サンジャポとしては公式ツイッターでも宇垣アナのコスプレ写真を次々と使ってアピールに余念がない。

このままコスプレ人気に乗ってタレント化して、いっそフリーになったほうが宇垣アナにとっては良いかもしれない。

 

【画像】

DK samco / Shutterstock

【あわせて読みたい】