中条あやみ「今年もブレークなし」美人なのに露出が増えない理由とは

中条あやみ 

(C)まいじつ

美人女優として評判の中条あやみだが、今年もブレークを果たせずに終わりそうだという見方が出てきた。

中条はここ数年、毎年のように活躍が期待されているものの、大方が「それなり」で年末終了。いまひとつ記憶に残らない。

「山本美月と中条は“ブレイクしない美人女優”として芸能界の双璧のように見られてきた。ところが美月の方は、今年ドラマに引っ張りだこ。特にボーイズ風写真をインスタグラムで公開したり、“男顔”で“男前”というユニークなキャラも話題になっている。対して中条は、ただのキレイな人で終わり。何となく意外性、話題性に欠ける惜しい人です」(芸能ライター)

例えば最近の週刊誌などの“美人女優ランク”を見ると、新垣結衣、北川景子、石原さとみ、深田恭子、佐々木希などが上位陣。これに先の美月や有村架純などが続いている。

「男性誌では“エッチなお姉さん”として人気の明日花キララもベスト10に入ったりしている。でも、中条は10位圏外というのが普通。実際はトップ3に入ってもおかしくない美貌なのに、存在感もほとんどありません」(同・ライター)

 

男性誌の露出がほとんどないのが原因?

今年後半の彼女は映画に出るだけ。知名度を上げるドラマの予定は聞こえてこない。前半もドラマ出演はなしだった。

「本人の意思なのか、事務所の戦略かは分かりませんが、モデルの仕事や雑誌のインタビューには出ています。あとはCMばかりだから全然面白みがない。以前は週刊誌でセクシー水着などを披露していたのに、ピタッとやめた。だから男性誌では記事にもならない。ナンダカンダで男性誌に書かれるのは、知名度アップには有効です」(グラビア雑誌編集者)

現在、彼女は唯一のレギュラーとして、トーク番組『another sky -アナザースカイ-』(日本テレビ)に出演中。MCとして今田耕司と共演している。

「彼女はイギリス人とのハーフで目が大きく、顔が小さい。ただ妙に首が長くて“爬虫類系”と呼ぶ人間も多い。今田もタイプは違うものの、“爬虫類顔”といわれており、女性には不人気。面白いところがない今田とコンビを組んでいるために価値が下がり、パッとしないという説もあります」(同・編集者)

今年も残り4カ月。やはりブレークは難しそうだ。

 

【あわせて読みたい】