小林麻耶ブログに透けて見える「子供産んでママタレ復帰」の未来

一般男性と結婚し芸能界引退を表明したフリーアナウンサーの小林麻耶が、8月20日に自身のブログを更新。「大好きなスカッとジャパン!」のタイトルで、直前まで出演していた番組への“未練”をつづった。

麻耶はフジテレビのバラエティー番組『痛快TVスカッとジャパン』で、ブリっ子悪女の「内田美樹」役として数々の再現ドラマに出演。同番組20日の放送回で過去の“怪演VTR”がランキング形式で紹介された。

麻耶は《スカッとジャパンさん。ありがとうございました! ランキングまで作っていただき、感謝が溢れ出ます。ありがとうございます。久々、自分に大笑いしながら番組を拝見しました。25本もの作品に出演させていただき、撮影が本当に楽しくて楽しくて大好きな現場でした!》と謝意を交えて振り返りつつ、《子供がもし出来たら、見せたいと! あ、見せない方がいいですかね?笑》と、新たに歩み始めた未来にも思いを馳せた。そして最後に《スカッとジャパンの内田美樹ちゃん、やり続けたかったなぁ。番組を一緒に見ながら、「怖いねーーーーー笑」「結婚前に観なくて良かったー笑」と、大笑いしていた主人を相手に今後は内田美樹ちゃんをやりたいと思います》と心残りの気持ちを書き込んだ。

これについてはSNSで「女優に未練たらたらじゃないか」「いつか復活するときの布石を打っているとしか思えない」「芸能人ブログをそのまま閉じていないということは、まだファンとつながっていたいということでしょう。復帰はすぐじゃないかな」「子供を産んだら子育てキャラで昼間の番組で復活しそう」などと批判の声が集まった。

 

主婦層向けの需要はまだある

「麻耶を攻撃するネット民も確かにいますが、意外にも主婦層にウケがいい面もあります。麻耶が言うように子供でもできたら、育児雑誌の表紙を飾れるくらいの好感度もありますよ。そのときのためにブログを閉じないで細々とファンとつながっていたいのではないでしょうか」(芸能関係者)

一説には、ラジオやCMなどでの声の仕事は続けるのではないかとも囁かれている。

「麻耶の場合は、年齢に関係なく女性に『かわいい』と言ってもらえる天然のキャラが売りです。結婚してからは料理に凝っているらしく、料理本を出す可能性もあります。いずれにしても、海老蔵と小林麻央との物語では“脇役”でしたが、彼女くらい知名度と人気があれば、世間は放っておきませんよ」(同・関係者)

引退を表明しマスコミのマークは外れたが、いまだ人気は健在。思ったよりも早く復帰しそうな気配が濃厚だ。

 

【あわせて読みたい】