のん「4年ぶり実写ドラマに出演」でネットは歓喜とエールの嵐!

LINEが運営するニュースサービス『LINE NEWS』のオリジナル連続ドラマに、女優ののんが出演する。

external_feed target=”gunosy,smartnews,niconico”]【関連】小泉今日子の「プロデュース業に専念」は“愛娘”「のん」のバックアップが目的か ほか[/external_feed]

同ドラマは、今よりほんの少しだけ未来を生きる家族の、ささやかな日常を描く。のんは自称革命家で「人間が働かなくてもいい未来」のため、ニートを続けるミライの役を演じる。

のんは8月22日に行われた記者会見で、「今まで演じさせていただいた中で一番クズな役です」と笑顔でアピールした。

のんはブログも更新し、喜びをつづった。

《たくさんの方々から、女優のお仕事が見たいと言っていただいていたので、とってもうれしいニュースなんじゃないか? と皆様の反応が気になっているのんです。
私はとってもうれしい~。》

ブログのコメント欄にはファンから喜びの声が届けられた。

《のんちゃんはいつも通り、かわいく楽しむ姿を見せてあげてくださいね♪ 自分たちファンも少しでもその力になれるように応援してます♪》
《うれしい気持ちにさせてくれて、いつも、のんちゃん、ありがとうございます》
《女優さんの、のんちゃんを見られること、とっても楽しみだし、本当にうれしいのですが、それより何より、のんちゃんが、うれしいことの方が、うれしいです》

普段は芸能人に厳しいヤフー掲示板や匿名掲示板でも、激励が多く書き込まれた。

《いろいろと意見はあるかもしれませんが、のんちゃんには頑張ってもらいたいと思う。》
《よかったね。》
《まず、頑張って下さい。》

 

いまだに地上波に出演できない芸能界の悪しき慣習

さらに、本人の実力とは関係のないところで、のんが地上波から姿を消していたことを指し、芸能界やマスメデイアを批判する声も上がった。

《SMAPのメンバーも能年玲奈さんも村八分みたいな対応で、本当に狭い村社会だな、と、芸能界は。1回テレビ局含めつぶれてはどうか。》
《新しい地図の3人とか能年さんとか人気と実力がある人たちが地上波のドラマや映画に出演しないのはやはり変だと思う。》
《正直、旬を逃してしまった感はあるけど、まだまだ芸能人としての価値や伸び代はある。時代が良かったよね。ネット媒体やSNSが充実している今だから露出できる。これがテレビと雑誌だけなら完璧につぶされてた。》

のんはいまだ前所属事務所との契約トラブルが原因で、民放キー局の番組に出演できない状況が続いているといわれている。今回のLINEドラマ出演は、芸能事務所に忖度しないインターネット放送が増えてきたおかげと言えるのかもしれない。

のんにはこれをきっかけに再浮上して、芸能界の悪しき慣習を破ってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】