出川哲朗が「女性向けヘアケア商品」のCMに起用される理由

出川哲朗

(C)まいじつ

お笑い芸人・出川哲朗の快進撃が止まらない。

8月23日、東京・渋谷『109』の店頭イベント『ヘアケア ラクちん化運動 応援演説会』に出席した出川は、自身が花王のヘアケアブランド『エッセンシャル』のCMに起用されたことを受け、「10~20年前だったら考えられなかった。時代が変わった」と感激の声を上げた。また、「どういう経緯で僕を起用したのか、その会議にいたかったです」と、自分が起用されたことが最後まで不思議でならないという態度を見せた。

「女性向けヘアケア商品のCMは、女優やモデルを起用するのが定番でしたが、最近では、俳優の高橋一生がクラシエホームプロダクツのヘアケアブランド『ディアボーテ HIMAWARI』のテレビCMに抜擢されるなど、男性が出演するパターンも増えています。ただし、起用されるのはイケメンだけ。出川の起用は本人ならずとも、周囲を驚かせたようです。最近の出川はスポンサーが起用したいタレントとして急浮上しており、それに伴って、CMギャラもかなり高騰していますね」(大手広告代理店関係者)

かつて出川といえば、2001~05年まで女性誌『anan』の『抱かれたくない男ランギング』1位になるなど、女性から嫌われているキャラクターの代表格だったが、平成が終わろうとしている現在、ここまで女性人気が高くなるとは、本人も想像すらしていなかっただろう。

 

擬似出産企画が女性視聴者から共感

「出川が女性の支持を集めたきっかけは、バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』の放送内で、海外出産体験をしたことでしょう。放送では、アメリカの施設で実際に出川が出産の疑似体験をしましたが、想像を絶する痛みを知った出川が『僕を生んでくれてありがとう』とあらためて自分の母親に感謝の気持ちを述べたことから、番組終了後、多くの女性視聴者から共感の声が上がりました。今では“安産の神”とまでいわれ、妊婦さんからも大人気です」(芸能記者)

広告代理店は、視聴者からの共感や支持が今、誰にあるのかということにかなり敏感だ。

「子どもや女性から受けがよく、また、悪意ある発言を絶対しないという出川のキャラは、今、最も安心して起用できるタレントと言っていいでしょう。今後もまさかと思われるような商品のCMに起用される可能性は高いと思いますよ」(同・記者)

かつてはウッチャンナンチャンの取り巻きのような立ち位置だった出川が、今や人気の点では、南原清隆を超え、内村光良と肩を並べるところまできた。

出川人気はまだまだ続きそうだ。

 

【あわせて読みたい】