元NMB48・須藤凜々花「アイドルはエッチしてる」発言で再び激震

須藤凜々花 

(C)まいじつ

アイドルグループ『NMB48』の元メンバーで、タレントの須藤凛々花が、8月21日放送のTBS『有田哲平の夢なら醒めないで』の放送内で、「アイドルはワンナイト(ラブ)してる。私は結婚している。ワンナイトの方が下品」と現役アイドルを批判し、話題になっている。

須藤は過去にもテレビ番組で1人エッチをしていることを告白するなど、“格調の低い”爆弾発言をするたびにネット民をざわつかせてきたが、ここにきてその計算されたキャラクター作りに「グループ出身者の中でも一番売れている」「卒業した後の方がファンが増えているのでは」などと、その評価が上向いている。

「昨年の『AKB48選抜総選挙』のさなかに突然、結婚発表して大炎上した須藤ですが、その後、開き直った“ぶっちゃけキャラ”が定着し、急速にお茶の間の支持を集めています。もともと、『ドイツに留学し哲学者になるのが夢』と公言していただけに、頭の回転も早く、自分がどう振る舞えば“ウケる”のかきちんと計算しているのでしょう。須藤の発言は、一見過激に聞こえるのですが、実はどれも“正論”ばかり。ただのアオリじゃない部分も支持が集まる理由のようです」(芸能記者)

須藤はさらに同番組で“自分は王道アイドル”と主張したことから、同じゲスト出演したタレントの若槻千夏から「うるせえよ、やめちまえ!」と一喝された。しかし、このシーンを見たネット民からは「いや、須藤の言ってることって正論じゃね」「あまりにも正当すぎて、たたかれてるけど、決して間違ってないよね」など、賛同の声が広がった。

 

思いの外の擁護に関係者困惑

「当初、関係者の間では、須藤のぶっちゃけキャラに批判的な声が多かったんですが、ネットを中心に思いの外“擁護”の声が広がっていることから、しばらくは本人のやりたいようにやらせる方針に変わったようです。特に最近は、AKBやNMB自体の人気が下降していて、今までと同じような売り方ではファンが付いてこないということもあるのでしょう。今後も須藤の赤裸々発言は続くでしょうね」(同・記者)

一時は結婚引退が確定路線とされていた須藤だが、思い切って開き直った結果、まさかの大ブレーク。一方で「アイドルの枕営業話などをしゃべってしまう可能性もある」と、一部の関係者が戦々恐々としているとのウワサもある。

エロい須藤から、しばらくは目が離せない。

 

【あわせて読みたい】