ASKA「5年ぶり全国ツアー」でいよいよチャゲアスも復活か

(C)Melinda Nagy / Shutterstock

歌手のASKAが11月から約5年ぶりの全国ツアーを開催するという。

「彼は2014年9月に覚醒剤取締法違反罪で懲役3年・執行猶予4年の有罪判決を受けています。今年9月に執行猶予が明けるため、本格的に始動を再開するということです」(芸能ライター)

世界的音楽ブランド『ビルボード』のプロデュースで、11月5日の東京公演を皮切りに全10公演を開催。全国の名門オーケストラによる共演で、新しい音楽の可能性を示していくという。

これでASKAも完全復帰というわけだが、そうなると気になるのは『CHAGE&ASKA』、“チャゲアス”の再始動だ。

09年にデュオでの無期限活動休止を宣言し、13年に再始動を発表。しかし、ASKAの一過性脳虚血発作の疑いと事件で白紙になったため、チャゲアスとしての活動はずっと停止したままだ。

 

再始動のカウントダウンは始まっている?

ASKAは昨年7月のブログで「『CHAGE&ASKA』は、やりますよ。いつか、きっと。そのために、お互い、ソロ活動をしているわけですから。ただ『今か、今か』と、みなさんを待たせるようなことはしたくない。それだけなんです」とつづり、8月放送のテレビ番組では「まだまだないです」としながらも、今後については「どっちともなくそういう精神状態になったときには、それは阿吽(あうん)です。『そろそろやるか』って、どちらかが言いますから」と再始動の可能性はニオわせていた。

「CHAGEはずっと音楽活動を継続していますし、事件後、販売停止されていたチャゲアスのCDやDVDが昨年から徐々に再発売されています。お互いチャゲアスで活動すれば、話題性も高く、収入面で大きなプラスになるのは確実。再始動のカウントダウンは始まっている印象を受けます」(同・ライター)

後はタイミング次第か。来年早々にも“復活”の予感がする。

 

【あわせて読みたい】