二宮和也と吉高由里子の“濡れ場”に期待『検察側の罪人』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『検察側の罪人』

配給/東宝 TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開中
監督/原田眞人
出演/木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、酒匂芳ほか

木村拓哉と二宮和也というジャニーズ系の中でも人気を誇る2人の豪華共演だけに、各々のファン狂喜乱舞となるのだろうが、オジサン観客は多分そこまで興奮しない。むしろ、吉高由里子に“濡れ場”はあるのか、とか松重豊ほかクセ者俳優ぞろいの脇役陣がどう絡むのか、が興味対象となる。ボクもその1人だ。原作は雫井脩介の同名ミステリー小説。こちらの原作のファンも少なくないはずだ。

監督は『日本のいちばん長い日』『関が原』と作品が続く原田眞人。都内で起きた殺人事件を担当することとなったエリート検事の最上(木村拓哉)と、まだ新米の検事の沖野(二宮和也)。ある容疑者を強引に追い詰める最上のやり口に、沖野は次第に疑問を抱き始める。果たして真犯人は? そして、法の正義とは?

ファン注目のキムタク対ニノの激しい対立は最後まで続く。それはなかなかの見せ場で、2人とも多分これまでで“一番行儀が悪い”役だろう。特にキムタクの検察官役はテレビの『HERO』のイメージが強いが、それを見事に裏切る役柄でもある。この手の“検察劇”に社会派要素が入るのは珍しくないが、太平洋戦争中、最も愚かな作戦の1つとして知られる「インパール作戦」を、唐突とも言える形で出すところに原田監督のこだわりがあるようだ。いずれこの「インパール作戦」を主題にした映画を作るのではないか。

 

吉高と二宮の濡れ場はあるにはあるが…物足りない

話を戻そう。ミステリーなのでネタバレ禁止で記すが、テーマは冤罪はどう生み出されるのか? 検察官がこだわる正義は本当の正義なのか? ということ。この映画に出てくるグレー・ゾーンの男たちがそれぞれ強烈だ。何でも調達する闇ブローカーを不気味に演じる松重豊はもちろんだが、今回注目の脇役は、強盗殺人事件の被疑者の松倉を演じる酒匂芳! なじみのない俳優だが、今回、この映画のPRでテレビ出演が増え、名前を覚えた人もいるだろう。素顔は優しげな中年男だが、映画ではサイコな人物を強烈に演じる。口をパッと音を立てて開閉し、検察官の神経を逆なでするシーンがスゴい。負けじとガンガン威嚇するニノとの火花は大いに見もの。

さて、肝心の吉高由里子だが、ニノを補助する検察事務官役。2人の“濡れ場”は一応あるが、吉高主導でキス後、ベッドに倒れ込み、騒々しく音を立てて一戦交えるのだが、もう画面が変わり、シーツに包まった2人を映すのみ。大いに物足りない。そうか、原田監督は“濡れ場描写巧者”じゃなかったんだよな、と思い出した。

 

【あわせて読みたい】