日テレ新番組「バゲット」MC大抜擢の青木源太アナに試されるスターの道

(C)kiuikson / Shutterstock

日本テレビで現在放送中の午前の情報バラエティー『PON!』が9月末で終了する。代わって10月1日から新たに始まるのが『バゲット』だ。

そのメインMCに同局の青木源太アナウンサーが大抜擢され、話題になっている。業界内では「バクチと言っていいかもしれません」との声もあるほどだ。

「青木アナは入社13年目。オリコン調べによる昨年の『好きなアナウンサーランキング』の男性部門で堂々3位にランクインし、今や日テレの新エースとも呼ばれる存在です。青木アナといえば、有名なのが“ジャニオタ”ぶり。とにかくジャニーズアイドルが大好きで、ジャニーズの曲だけを歌う“ジャニカラ”が趣味というのも有名。ジャニーズに関する知識はカルトクイズ王者並みと評判です」(テレビ雑誌編集者)

青木アナがMCを務める以上、ジャニーズ事務所からも何人かが曜日レギュラーで入ることになりそうだ。

「同時間帯のメインターゲットは30~40代の主婦層。裏番組はTBS『ひるおび!』、テレビ朝日『ワイド!スクランブル』、フジテレビ『ノンストップ!』と大激戦ですから、人気の青木アナにジャニーズタレントをカップリングさせ、何とかのし上がりたいところでしょう」(同・編集者)

それにしても、局アナをメインのMCに据えるとは、日テレも思い切ったことをしたものだ。

 

日テレの社運は青木アナにかかってる?

「テレ朝の『報道ステーション』も局アナの2人がMCですが、報ステとは違い、ほぼ全局並んで情報番組を放送している時間帯ですからね。日テレではここ10年で一番の抜擢と言っても言い過ぎではないほど。これが成功すれば、青木アナはただの人気アナから“スターアナウンサー”への道を歩むことになるでしょう。視聴率的に『PON!』は苦戦していましたから、ここは日テレの番組改革の一丁目一番地。成功するかどうか注目されます」(同)

SNSでは「PON!のユルい感じを引き継がず、情報エンターテインメントに徹して楽しい番組を展開してほしい」「この時間は、かわいいアイドルが見たいね」「映画の情報を充実させてほしい」「くだらない番組宣伝は減らしてくれ」など、さまざまな意見が書き込みされている。

「今放送されている中では、見せ方を工夫する情報番組は軒並み視聴率が高い。その牙城に『バゲット』が食い込めるかどうか。テレビ関係者ならずとも注目を集めていますよ」(同)

日テレが社運を賭けるというこの新番組。果たして視聴率はいかに。

 

【画像】

kiuikson / Shutterstock

【あわせて読みたい】