トルコで子育て中の平愛梨「日本の環境」をディスって批判される

8月28日、女優の平愛梨がブログを更新。“トルコ生活”と題して子育てに関する悩みを打ち明けたのだが、ネット上では批判の声が続出してしまった。

夫でサッカー選手の長友佑都が、今年1月にイタリアの名門『インテル・ミラノ』からトルコの『ガラタサライ』に移籍したため、平も2月に出産したばかりの子供とともに、現在はトルコで生活している。

しかし、5月から8月中旬はクラブのオフ期間ということもあって、平は日本で過ごしていたという。平は日本とトルコの生活に大きな違いを感じ、ブログにこうつづった。

「トルコは時間に関係なく、基本子どもはどこの場所へ連れて行くことも許される。ジムやカフェ、デパート、飲食店など。行けば居合わせた人や店員さんまでもが近寄ってくれて子どもを抱き上げてくれたりあやしてくれます! 親になった私は、何よりもたまらなくうれしいことです」と、まずはトルコが子育てがしやすい環境だと絶賛。

続けて、「日本では子どもが行ける場所は限られてしまい、ジムや少しの時間のカフェもご遠慮ということでした…」と、トルコに比べて日本は子育てがしづらいとコメント。その理由を平は、「おもてなしの心からなんだ!」と解釈したようで、「飲食店でのダメな理由は疲れて来られたお客様に子どもの泣き声などでご迷惑掛けてしまうという恐れがあるから? ジムでダメなのも目的を持ってやられてる人達にご迷惑掛けるから? と、いろいろ考えました」と自分を納得させている。

 

トルコ絶賛の裏には日本は窮屈との思い?

さらに平は、日本の食品や衛生面を褒めつつも、「トルコで過ごした3カ月間、その生活になじんでた私はトルコの環境に感謝した」「トルコに戻ってまた生活してる今、どこへでも子どもを連れて行ける温かい環境に心から喜びを感じ感謝しています」と、子育てに関してとにかくトルコを絶賛しまくっていた。

これにはネット上で疑問の声が続出。

《日本だって、子供が危険なところ以外は乳児連れて入れるだろうが。行った店がたまたま入れない店だからって、日本の店がすべて乳児排除みたいなウソをなんでわざわざバラまくような真似するんだ?》
《ジムに赤ちゃん連れてくなんておかしいだろ。迷惑どうこうじゃなくて危険過ぎる》
《トルコの常識持ち出されてもここは日本だし。嫌ならトルコから帰ってこなくてよろしい》
《嫌味ったらしい書き方するね。一長一短なのに、日本の文句ばっかり言っていてムカつく》

以前、ロンドンに在住している歌手の宇多田ヒカルも、同じように東京の子育て環境に苦言を呈したことがあった。海外で子育て経験をすると、日本を窮屈に思うケースが多いのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】