米倉涼子あまりに華麗な『ドクターX』から『リーガルV』への転身!

米倉涼子 

(C)まいじつ

女優の米倉涼子が、10月スタートのテレビ朝日新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』で主演を務めることが発表された。

米倉といえば同局の大人気シリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』だが、放送時間は同じ木曜日の21時、よく似たタイトルの感じからも、あえて「ドクターX」を引き継ぎつつ、大胆にイメージチェンジを図ろうという潔さが感じられる。

「米倉本人も『イメージを変えたくて髪を20センチ切った』と公言しているくらいですからね。“第2の水谷豊”になってしまうギリギリのところで、自ら『新しい挑戦をさせてください』とお願いして実現にこぎ着けました」(テレビ朝日関係者)

『リーガルV』は、米倉が元弁護士のヒロイン・小鳥遊翔子を演じる勧善懲悪ドラマ。弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、ワケありの弁護士やパラリーガルをスカウト。彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも勝利のために突き進む姿を描くという。

 

「ドクターX」という“ドル箱”を捨てての挑戦

「米倉は自身の役柄について、『自由な女性なので事前にキャラを固めず、その時々で思ったことをやってみようかな』と語っています。テレ朝としては、もちろんシリーズに育てて長期化を望んでいますが、『ドクターX』と同様に9も10も、というつもりはないでしょう。米倉にとってテレ朝は『黒革の手帖』で1つ上のステージの女優へと引き上げてもらった恩がある。『黒革――』だって当時の米倉にとってはかなり強烈な役だったから、ともすればびっしりとイメージが付く可能性がありましたが、『ドクターX』という素晴らしい当たり役につなげることができた。テレ朝ドラマと米倉はウインウインの関係がうまくできているのでしょう」(テレビ雑誌編集者)

今回、米倉は役作りのために知人の弁護士に取材したり、法律の専門用語を勉強したりと、かなり力が入っている様子だという。

「製作予算も破格のようです。テレ朝としては『ドクターX』という“ドル箱”を捨てたわけですから、失敗できない気持ちは強いでしょう」(同・編集者)

気合いの入った新しい米倉に大注目だ。

 

【あわせて読みたい】