フジテレビの若きエース・久慈暁子アナに出始めた「イマイチ説」

久慈暁子

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

フジテレビの“クジパン”こと久慈暁子アナに「イマイチ」説が出始めている。

久慈アナは昨年、鳴り物入りで入社。退社した“カトパン”こと加藤綾子の後継者として騒がれていたが、この夏場あたりから評価がダウン。

「女子アナに強い男性週刊誌が『期待ハズレだ』的な記事を掲載。その後、他の男性週刊誌や夕刊紙なども同じような論調で続々と追随。入社当初は“次代のエース”といわれていただけに、予想外の低評価。しゃべりはアドリブが利くタイプではなく、面白みがないのは確か」(女子アナライター)

久慈アナは青山学院大学出身。化学メーカーのキャンペーンガール、ファッション雑誌の専属モデルを経て、フジテレビ入り。大学時代から名の知れた存在だっただけに、入社前から話題の的。

「岩手県奥州市出身で、あの大谷翔平と同郷、同年代。大学時代には郷土の誇りということで大谷と一緒に奥州市長と対談したこともある。大谷に最も近い女子アナといわれ、騒がれるのは当然でした」(同・ライター)

入社3カ月で冠番組『クジパン』を担当。10月には局のエリートコース番組『めざましテレビ』にもレギュラー司会者で登場。出世街道をバク進していた。

「カトパンが、彼女の入社前年に辞めているのでスター作りが急務だったのですが、あまりのチヤホヤぶりにアナウンス室内でもブーイング。『エコひいき』の声が上がっているのも事実」(フジテレビ関係者)

 

局の過保護が久慈の評判を落とす結果に…

さらに久慈アナの過保護ぶりは、マスコミにも向けられているという。

「大学時代、水着モデルをやっていたので、ビキニ写真も多数存在。それを面白おかしく書く雑誌に局がクレームを入れたのは有名な話。女子アナも人気商売だから、書かれてナンボの世界。彼女の評判を余計に落としている」(前出の女子アナライター)

そんな背景もあるせいか、とうとう出てきたのが冒頭の「イマイチ」説だ。

「スポーツ担当にまでしてもらい、フィギュアの羽生結弦やサッカーの長谷部誠のような有名人のときによく会見に来る。特にワールド杯を終えて帰国した長谷部には、彼のインスタグラムのことを聞くというトンチンカン質問で取材陣をザワつかせた。共演の『Hey! Say! JUMP』の伊野尾慧のことは嫌っているのは画面からも分かるし、結構顔に出すタイプ。局と不仲のスポーツ紙などは早くも“部署替え”を報道。大谷の本命女子アナ一番手ですが、どうなるか…」(同・ライター)

フジテレビには、一部の久慈アナバッシングなど気にせず、これからも彼女推しでいってほしい。と、本サイトは願っている。

 

【あわせて読みたい】