ウエンツ瑛士「レギュラー後釜」の争奪戦が早くも激化!

英語を話せないハーフタレントのウエンツ瑛士が芸能活動を一時休業し、海外留学することを電撃発表した。

ウエンツは8月28日、司会を務める日本テレビ系『火曜サプライズ』に出演。生放送の終盤、「10月からロンドンに留学することになりました」と報告し、「3年前に、いつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたいという夢を持ち始めて、日本にいながらその夢に近づくための方法なり、努力をこの数年重ねてきたのですが、日に日にイギリスに行って勉強したい気持ちが強くなりまして…たとえ誰かに迷惑を掛けても、達成したい夢であることだと、自分の中で確認できましたし、そういうことがあっても、帰って来て、その皆さんにそれ以上の恩返しができる、する、という覚悟が自分の中で決まりましたので留学をすることを決めました」と理由を語った。

留学の期間は1年半だそうで「もちろん帰って来てからは全力で、日本でも暴れ回りたいと思っています」と熱い決意を示した。

 

松本人志の容赦ないツッコミが楽しみ

「早速、ウエンツの後釜を狙う競争が始まりました。『火曜サプライズ』のMCには、イの一番にヒロミの名前が挙がっています」(芸能関係者)

他にも多くのレギュラーを持つウエンツ。ざっと記せば、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』(テレビ朝日)、『きじまりゅうたの小腹がすきました!』(NHK)、『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』(TBS)などがある。

「日テレ『スッキリ!』の枠もお笑い芸人を始め、数人がもうプロフィルを局に送っている状況だと聞いています」(同・関係者)

SNSでは「32歳の挑戦はギリギリだけどガンバってほしい」「ウエンツは中居正広の後継者だとばかり思っていたけどな」「まずは英会話からだね。3年前から考えていたのなら、もうとっくに始めているのかな?」「失意の帰国とかにならなければいいけど…」などと書き込みが広がっている。

活動休止までの間に、フジテレビ『ワイドナショー』にゲストで呼ばれるのは確実。松本人志からの容赦ないツッコミが楽しみだ。

 

【あわせて読みたい】