ジャニー喜多川社長が「後継」に指名!滝沢秀明の華麗な営業スタイル

 

滝沢秀明

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、所属タレントの滝沢秀明を“後継者”に指名したと8月30日発売の『週刊文春』が報じた。

「単なる後継候補ではなく、ジャニー社長が自分の仕事を引き継ぐ“後継者”として滝沢を指名したと書かれています。『タッキー&翼』を無期限活動休止にしたのも、この伏線だったのでしょう。ジャニー社長の姉であるメリー喜多川副社長の娘、藤島ジュリー景子副社長が当然、次期社長になるとみんなが思っていたわけですから、これはジャニーズの歴史上でも最大級の騒動になる予感がしますね」(芸能記者)

滝沢はまだ36歳だ。1995年に13歳でジャニーズに入所。彼は、その直後からジャニー社長の特別な寵愛を受け続けてきた。本人も自覚しているからだろうか、すでにジャニーズタレント売り込みのため、テレビ局詣でに精を出しているという。

「これで元SMAPのI元マネジャーがかわいがっていた山下智久や『Kis-My-Ft2』は、あっという間に居場所をなくすでしょうね」(ジャニーズライター)

同誌は記事の中で、事務所内の“序列”の高い近藤真彦や東山紀之についても触れているが、ジャニー社長にとって滝沢は別格の存在のようだ。

「事務所内では特に驚きの声は上がっていないようです。問題は、やはり元『SMAP』の2人。中居正広と木村拓哉です。滝沢は解散時に報じられた“お家騒動”にウンザリしており、中居と木村に対して“冷遇する”という予測が早くも出ています。滝沢は、事務所を出て行こうとしたSMAPのメンバー全員を『信用ならない』として警戒し、忌み嫌ってさえいます。おそらく来年から中居と木村に入ってくる仕事は減ってくるでしょうね」(同・ライター)

 

滝沢を嫌って嵐「独立」の可能性も…

滝沢の営業を受けたことのあるテレビ局関係者は「腰が低くて頭が切れる」と滝沢を評価する。

「ジャニーズ事務所のタレントを使うと、どれくらい視聴率が上がり、つながりのある出演者とどう濃く絡めるのか。タレントを売り込むにしても具体的なビジョンをもって営業をしてくるので、滝沢の場合は、営業を断るのが難しい。ものすごく優秀な営業マンですよ。裏方に回った方が実力を発揮できるのではないでしょうか」(テレビ局スタッフ)

今、若手のジャニーズタレントは「何かあればイの一番に滝沢に相談する」ようになっているという。

「人望を集めている最中ですが、実は滝沢はジュリー副社長が育てた『嵐』については距離を置いています。今、ジャニー社長とジュリー副社長の間は冷え切っていますから、もしも次の“お家騒動”があるとすれば、滝沢体制を嫌って『嵐』が独立騒動を起こすときかもしれませんよ」(前出のジャニーズライター)

風雲急を告げるジャニーズ事務所の後継者問題。この先も目が離せない。

 

【あわせて読みたい】