木村&二宮対談「ヘタクソが上手に説教してる」と笑われる

木村拓哉 二宮和也

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉と『嵐』の二宮和也が、8月30日に放送された日本テレビ系『news every.』で対談した。

ジャニーズ事務所の先輩後輩である2人は、現在公開中の映画『検察側の罪人』(原田眞人監督)で、俳優としての初共演を果たした。

対談で、二宮から「ずっと俳優を続けていくんですか?」と聞かれた木村は、「求められれば」と答えた。

さらに「求められなかったらスパって辞めるっていうこと?」と聞かれると、木村は「辞めるね」と言い切り「赴く先があるというのが当然に、今なっている。それがフッってなくなったときに、どうなんだろうなっていうのは、想像しないと難しいけど、でも求められなくなったら辞めるんじゃない。求められればそれに応えたいし」と語った。

後輩とはいえ、終始、二宮に上から語った木村だが、演技そのものへの評価は厳しい。

「今回の共演ではっきりしましたよ。何だかんだいっても木村が俳優として映画で輝けたのは、二宮と共演したおかげ。単独で客を呼べる俳優でなくなったのは、もはや誰もが知るところでしょう。演技は一本調子だし、特に役作りで掘り下げている工夫もない。テレビの1時間ドラマが精一杯の役者ですよ」(演出家)

 

二度と共演はないのか?

ネット上でも映画の感想が集まっているが、辛らつな意見が並ぶ。

《木村がヘタ過ぎて、途中で映画館を出ようと思いました》
《二宮の方が断然よかった。見た人はみんな言っている。対談で木村が二宮に説教めいたことを言っているのが笑えた》
《木村の棒読みの演技にはうんざりだった》
《木村と二宮が登場するシーンでは、二宮の方が大きく見えた。実に不思議だ》
《どちらかといえば、二宮主演で、木村助演ということでいいのではないか》

「簡単に言うと、木村の場合は“職業モノで頑固な役”しかできないということです。テレビドラマの場合は、これに恋愛や友情が絡む。本人は悪役をやってみたいと言っているようですが、その方がキャラクターがはっきりしていて輝く可能性がありますよ」(演出家)

木村と二宮との共演は、もう二度となさそうだ。

 

【あわせて読みたい】