ローラ「セクシー過激露出」が止まらない意外な理由

ローラ

(C)まいじつ

およそ1年前、所属事務所『LIBERA(リベラ)』との契約・独立問題で揺れたタレントのローラ。今年4月に和解したことを発表したとはいえ、テレビのバラエティー番組でほとんど見かけることはなくなった。

それに反比例するかのように、激増しているのがセクシーショットだ。

「ローラの露出が止まりません。インスタグラムでTバック尻を見せて大きな話題になったかと思えば、ついにはファッション誌『Numero TOKYO』10月号でセミヌードまで公開した。事務所との独立トラブルを経て、ローラ自身は昔のようにバラエティー番組でおバカキャラをすることには否定的。今は女性が憧れる強く格好いい女性像を目指して、美容系に力を入れています」(芸能関係者)

だからと言って、ここまで露出を激しくする必要はない。にもかかわらず過激路線を突っ走るのはなぜなのか?

「海外セレブのマネという部分はあるでしょうが、それだけではありません。ここまでセクシー路線にかじを切った理由として、不仲説が囁かれる1人のハーフタレントの存在があるのです」(同・関係者)

 

後追いのダレノガレだけには負けられない

先日、ハリウッド女優を目指すため渡米することを発表したダレノガレ明美へのライバル心が大きな部分を占めているというのだ。

「もともとローラとダレノガレの仲は悪くなかったのですが、事務所に付くか、離れるかを巡って、今ではすっかり疎遠になってしまいました。現在、アメリカを拠点としているローラは、ダレノガレがアメリカに進出してくるという情報をいち早くキャッチ。後から来るダレノガレには絶対に負けられない。格の違いを見せ付け、話題を取られないため“セクシー道”を打ち出したのです」(テレビ局関係者)

ローラ自身も最近の過激路線に対する反響の大きさに喜んでいるとか。

「すっかり気を良くしており、もはや誰も止められません。このままフルヌードまで突っ走るかも」(前出の芸能関係者)

理由は何であれ、セクシーな姿を見せてくれるなら大歓迎だ。

 

【あわせて読みたい】