貴乃花親方の長男・花田優一『不倫報道』と「妻と別居」の複雑な背景

(C)Photographee.eu / Shutterstock

貴乃花親方の長男で、靴職人兼タレントの花田優一が新婚妻と早くも別居しているという。

花田が結婚したのは昨年6月。お相手のA子さんは1才年上の一般人だが、彼女の父親が陣幕親方であることから“ロミジュリ婚”といわれた。

「当時、貴乃花親方は閉鎖的な相撲協会の改革を目指し、自身のグループの勢力拡大を図っていた。一方、陣幕親方は、協会理事長の八角親方と同じ高砂一門に属していたため、夫婦の父親同士が“敵対関係”にあったのです。そのため一部では“政略結婚”という声も聞かれました。そもそも2人の結婚は昨年6月だったのに発表が10月だったのは、父親の邪魔にならないようにと母親の景子夫人から黙っておくように言われていたからだといいます」(芸能ライター)

昨年11月にはモンゴル人力士の暴行騒動が起こり、今年2月の理事長選で貴乃花親方は落選、3月には2階級降格、そして今回の別居報道、さらには貴乃花親方が夏巡業中に緊急搬送と花田家は災難続きだ。

 

仕事がらすれ違いの生活が続く

そんな中の新婚生活だけに、うまくいかなくても無理はない。

「昨年末の貴乃花一門の忘年会には夫婦そろって参加していたのに、新年会ではA子さんは欠席。今年早々別居が始まったといわれています」(同・ライター)

8月31日発売の写真週刊誌『FRIDAY』には、花田とナゾの美女との密会ツーショット写真が掲載されている。別居報道との関係はどうなのか。

「実は今年6月、イタリアで行われたイベントに参加するため、花田は1月から工房にこもり切りで、今もその状況は続いています。一方、A子さんは昨年キャビンアテンダントの試験に合格し、今春からフライト業務に就いているそうです。2人がすれ違い生活を送っているのは確かで、近々、話し合いの場を持つという話もあります。そこで結論が出るのではないでしょうか」(同)

果たして関係修復はできるのだろうか。

 

【画像】

Photographee.eu / Shutterstock

【あわせて読みたい】